フィンランドの教育について学べるおすすめ書籍10選【英語教育・数学教育・食育】

フィンランドの教育に関する書籍世界の文化・言語・教育

フィンランドは教育水準を測定する調査PISAにおいて、常に好成績を残している国の一つで、フィンランドの教育に興味を持つ方は多いと思いかと思います。

特に、読解力を育てること、読書を教育の根幹においています。

ここでは、そんなフィンランドの教育に関係する書籍をご紹介します。

フィンランドの教育に関する書籍

フィンランドの教育全般に関する書籍は結構ありますが、古いものもあるので、ここでは特に、新しいものを中心に4冊選びました。新しい順におすすめの本をご紹介します。

フィンランド×日本の教育はどこへ向かうのか: 明日の教育への道しるべ

2020年出版:フィンランドの教育を客観的なデータで解説しています。

フィンランドの教育はなぜ世界一なのか

2019年出版:フィンランドの教育はなぜ世界一なのか という理由を様々な観点から解説しています。

競争やめたら学力世界一―フィンランド教育の成功

2006年出版:ちょっと古いですが、フィンランドの教育では有名な本です。こちらは読んでおいたほうがいいです。

フィンランドの英語教育に関する書籍

英語教育に関する書籍です。

フィンランドは日本と同様に、英語は公用語ではありませんが、国民全体が英語が上手です。

もちろん日本と比べてアルファベットの国(多くのヨーロッパ諸国)の方が、英語と言語構造が似ているということもあり、総じて英語が上手な方が多いですが、ヨーロッパでも英語があまり通じない国(ポルトガルなど)もあります。

そういったことを考えるとやはりフィンランドの英語教育はかなりうまくいっていると認めざるおえないでしょう。

どの本も大学の英語教育専門の研究者が書いた書籍です。

フィンランド人はなぜ「学校教育」だけで英語が話せるのか

フィンランドの英語の全般について知りたい方はこちらを。

具体的に以下のようなことが学べます。

  • 町のふつうの人がふつうに英語を話す
  • フィンランドもかつては文法重視、訳読重視だった
  • 驚きの小学校英語教育―分厚いワークブック
  • 中学英語もすごい、高校英語はもっとすごい―身近な問題を論じ合う
  • 先生はこうやって教えている―教師の自律性のある授業
  • フィンランド方式がうまくいった理由―教師は教えるプロ
  • フィンランドの英語教育から何が学べるのか―日本の未来の英語教育への示唆

フィンランドの大学における小学校英語担当教員養成システム

大学の小学校の英語教員養成について書かれた本です。

英語が小学校で教科になった今、日本でもどのように小学校の英語の教員養成を行うべきかなどとても参考になります。

こんな内容が学びます。

  • フィンランドの 外国語教育制度
  • フィンランドの 教員養成制度
  • フィンランドの 小学校英語担当教員の養成
  • フィンランドから学べること

フィンランドの小学校英語教育

フィンランドの小学校の英語教育全般について知ることができます。

具体的に以下のようなことが学べます。

  • フィンランドの教育制度の概要
  • フィンランドの小学校英語教育の背景
  • フィンランドの小学校英語教育の実際
  • フィンランドの小学校英語担当教員養成
  • 日本の小学校英語教育への示唆

フィンランドの数学教育

フィンランドの数学教育に関する書籍です。

フィンランドの算数・数学教育

フィンランドの子どもたちは、塾も予備校もない、参考書もほとんどない国で、生徒の数学的リテラシーはどのように育まれるのかを調査した本です。

フィンランドの食育に関する本(サペーレ・メソッド)

最後にちょっと変わった本を紹介します。

フィンランドの食育のサペーレ・メソッドについての書籍です。

人はこうして「食べる」を学ぶ

created by Rinker
¥1,376(2021/04/21 17:41:43時点 Amazon調べ-詳細)

サペーレ・メソッドについて知りたい方、食育についてもっと知りたい方はこちらをぜひお読みください。

北欧教育に関する書籍(おまけ)

こちらはフィンランドだけというよりも北欧全般の教育に関する書籍です。

北欧の教育最前線――市民社会をつくる子育てと学び

北欧の教育全般を知りたい方はこちらを。北欧で実際に生活、子育てそして研究をしてきた研究者が執筆しています。

フィンランドのお隣の国スウェーデンの情報が多く書かれています。

北欧教育研究会のメンバーが執筆した書籍です。

おわりに

ここでは、フィンランドの教育に関する書籍をご紹介しました。

フィンランドの教育の根幹は「読書」にあります。そのため、フィンランドは図書館の利用率は世界一で、2018年にオープンしたヘルシンキ中央図書館「Oodi(オーディ)」は世界一の図書館といわれております。

コロナが落ち着きましたら、すぐにでも「Oodi(オーディ)」の調査に行きたいと思っています。

ところで、本をアマゾンで購入するのでしたら、学生ならStudent Primeに申し込みをしましょう。

年間2,450円(月250円)でアマゾンプライムの動画見放題・音楽聞き放題です。また、Amazon Photosも無制限で使えます。

無料体験期間がなんと6か月ありますので、とりあえず6か月間無料体験することをおすすめします。

Student Primeの公式サイト

学生でない方は、会費は年間4,900円(月500円)で同様のサービスが受けられますので、別途Netflixなどで動画を見るよりもかなり安いです。

Amazon Primeの公式サイト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました