ポルトガルのカフェを紹介!ポルトガル人にとってカフェは生活の一部

ポルトガルのカフェ海外に関する情報

私は四年間ほどポルトガルに滞在していましたが,その時感じたのはポルトガル人にとってカフェというものが非常に重要なものであるということです。

通常、ポルトガル人は一日に3-4回はカフェに行きます。

ここではそんなポルトガルのカフェについてお話します。

最後に、カフェで使える簡単なポルトガル語もご紹介します。

ポルトガル人にとってカフェは生活の一部

ポルトガル人は一日に3-4回はカフェに行きます。

まずは朝食後、仕事に行く前に、カウンターでさっと飲みます。

私にはコーヒーを立ち飲みなんて考えられないのですが、ポルトガルには立ち飲みのカフェもあります。

昼食後の時間をたっぷりとって、友人や同僚を誘ってカフェに行ったりします。

特に、高給住宅街のカフェなんかだと、すごいおしゃれをしたマダムたちが集まってぺちゃくちゃおしゃべりをしているのをよく見かけました。

日本でもママ友とランチやお茶というのがありますから、それと同じなんでしょうが、恰好がそれよりもカラフルなスーツのようなものを着込んで、ちゃんとしたハンドバックを持っている方もいるので、日本以上にインパクトがすごいです。(私の単なる感想です)

また、休日など親族がそろって昼食を食べた後も、みんなで近所のカフェに出かけます。

このときも女性たちは、わざわざおしゃれな恰好に着替える方も多いです。特に、年配の女性。。

そして仕事帰りなどにまた、カフェによって家に帰るという感じで、カフェはこのようにポルトガル人の生活の一部になっています。

ポルトガルのカフェの特徴

つぎに、そんなポルトガル人の生活の一部になっているカフェの特徴についてお話します。

ポルトガルのカフェの特徴①

ポルトガルのカフェにいってまず驚くことはメニューが全国ほとんど共通で、しかもメニューや値段を記載していないカフェが多いということです。

だいたい、コーヒー・ジュース・ビールなどの飲み物に、それにプラスしてパンやケーキ、アイスクリームがある程度で、地域により多少差はありますが、ほとんど同じようなものしか置いていないことが多いです。

特色のあるものを出して売上をあげようという気がないのか、よくいえば、昔ながらの伝統を大事にしているといえます。

ポルトガルのカフェの特徴②

ところで、日本では、ファーストフード・喫茶店・ファミリーレストランなどで勉強したり、本を読んでいる人を多く見かけますが、ポルトガルではほとんど見かけません。

ただ、リスボンなどの大都会ですと、最近ではカフェでパソコンをしている方をちらほら見かけますが、それでも日本や他国と比べるとかなり少ないです。

ポルトガル人はあまり本を読まない・勉強嫌いと言われていますが、そのことがカフェからもよくわかります。

誰かとしゃべっているか、一人でいても何もせずにぼーとしている人が多いです。

私は仕事や勉強するためにカフェに入るというノマド派なので、ポルトガルでもよくカフェでパソコンバチバチしていましたが、田舎に行くと、時々奇異な目で見られたり、親族に「やめろ」と止められることもしばしばあります。

ポルトガルのカフェの特徴③

私が最も不思議に感じたのは、カフェのトイレに鍵が掛かっていることです。

防犯上の理由からで、トイレでドラッグをされたら困るということらしいです。

そのため、トイレに行くたびに店の人に鍵をもらいにいかなければなりません。

これが結構面倒くさい。

鍵がかかっているから、使用中というわけではないのです。

ポルトガルのカフェのコーヒーの種類

ポルトガルカフェ

コーヒーにはいくつかの種類があり、café(カフェ)が 日本でいうところのいわゆるエスプレッソで小さいカップのコーヒーです。日本円で1杯約50円程度で、ポルトガル人の多くがこれに砂糖をたっぷり入れて飲んでいます。そ

その他、pingo(ピンゴ)garoto(ガロット)は、小さいカップのカフェオレです。

meia de leite(メイア デ レイチ)は、大きいカップのカフェオレ、さらに大きいグラスに入ったカフェオレがgalão(ガロン)といいます。

ポルトガルのカフェのおすすめデザート

ポルトガルのカフェのおすすめデザートをご紹介します。

pastel de nata(パステル デ ナタ)

ポルトガルのお菓子

一番のおすすめは、日本ではエッグタルトで有名なpastel de nata(パステル デ ナタ)です。

ポルトガルを代表する卵で作ったケーキであり、ポルトガルに行ったらぜひ食べていただけたらと思います。

もちろんポルトガル産ではありませんが、日本でも購入できます。

日本では完全にエッグタルトと呼ばれていますが、味はほとんど変わりません。

こちらが一番ポルトガルのパステルデナタに近いかなと思います。

ただ一言。

「香港や台湾でとてもおいしいと言われているエッグタルトはマカオのアンドリュー・ストウ氏によって開発されたお菓子」と書かれています。

ポルトガルのパステルデナタとほとんど変わらないので、開発されたというのは????ですね。

でも、これ自体はとても美味しいので、おすすめです。

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,430(2021/10/25 23:02:25時点 Amazon調べ-詳細)

見た目がポルトガルのパステルデナタとかなり異なりますが、味は美味しかったです。

ピリキータのケイジャーダ

シントラといえば、有名なお菓子ピリキータのケイジャーダ(チーズタルト)。

ケイジャーダも日本風に少し改良されたものですが、日本でも入手できます。

見た目はケイジャーダとかなり異なっていますが、味は美味しいです。

アイスクリーム

アイスクリームもポルトガルのカフェで売られていますが、どこのカフェも同じ種類しかおいてないので商品名を告げてとってもらいます。

そして、持ってきてもらったら、男性はObrigado.(オブリガードゥ)女性はObrigada.(オブリガーダ)といいましょう。

日本のようにボックスの中をごそごそ自分で探していると怒られるので、注意が必要です。

私はポルトガルに住み始めたばかりのころ、一度激しく怒られました。

ポルトガルのカフェを紹介

ここでは私が実際に行ったポルトガルのカフェをご紹介します。

パスティシュ・デ・ベレン

pastel de nata(パステル デ ナタ) の元祖のお店 「パスティシュ・デ・ベレン」 です。

このお店で作られたのが、あの美味しい パステル デ ナタの始まりです。

ものすごい有名店なので、席を取るまでにかなりの時間がかかりました。

特別すごいおしゃれの店というわけでもないのですが、さすがに パステル デ ナタ の味は美味しかったです。

ちなみにこちらは、ポルトガルのレストラン・カフェなどの紹介の本です。

私自身知らないお店もたくさんあり、参考になりました。

ポルトガルに行かれる方はぜひこちらの本を持って、また、ここで学んだカフェでのポルトガルを使ってみましょう。

created by Rinker
¥1,650(2021/10/25 23:02:27時点 Amazon調べ-詳細)

カフェでよく使うポルトガル語

最後にカフェでよく使うポルトガル語を紹介します。

カフェでポルトガル語で挨拶

カフェに入ると店員がポルトガル語で挨拶してくるので、こちらも同じように、挨拶しましょう。

ポルトガル語は時間により、挨拶の言葉が異なります。

午前中であるならBom dia(ボン ディア)

午後になるとBoa tarde.(ボア タルドゥ)

夜はBoa noite.(ボア ノイトゥ)です。

カフェでポルトガル語で注文

注文をするときはほしいものの後に、por favor(プル ファヴォル)を付けるか、Queria(クリア)の後にほしいものをいえばいいです。

コーヒーをお願いします。
Um café, por favor. (ウン カフェ プル ファヴォル)

カフェオレとパステルデナタを一つ下さい。
Queria um garoto e um pastel de nata. (クリア ウン ガロット イ ウン パステル デ ナタ)

ポルトガルのカフェのトイレを借りるとき

ポルトガルではトイレの鍵を借りなければなりませんので、これらの表現はしっかり覚えておきましょう。

トイレはどこですか。
Onde fica o quarto de banho? (オンドゥ フィカ ウ クアルトゥ ドゥ バニュ)

鍵をください
A chave, por favor. (ア シャヴ プル ファヴォル)

ポルトガルのカフェの支払い

カフェをでるときにお金を払いますが、多くは注文書のようなものはなく、店員が覚えていて計算をします。

いくらですか。
Quanto é?  (クウァント エ)

お勘定お願いします。
A minha conta, por favor. (ア ミニャ コンタ プル ファヴォル)

おわりに

ポルトガルは文化習慣が大きく異なり、日本人が住むのは大変ですが、観光旅行に行くにはとてもいい国です。

ポルトガルに行く機会がありましたら、ぜひポルトガルを代表する「文化」であるカフェに立ち寄り、ここで紹介したポルトガル語を使ってみてください。

関連記事

ポルトガル旅行記 オドビス 城壁に囲まれた村『谷間の真珠』お土産にはジンジーニャ

今年の夏やクリスマスにはポルトガルやヨーロッパにも行けるようになるかなと思います。今から計画をたててみませんか。海外に行けない今だからこそ、資料を取り寄せてあれこれと旅行の計画を立ててみましょう。計画をたてるのもとても楽しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました