映画「Back to the future」で英語学習【映画で英語を勉強】

Back to the future で英語を学ぶ 英文法・英語教材

映画は、楽しみながら英語を学ぶ素晴らしい方法です。

その中でも、「Back to the Future」(バック・トゥ・ザ・フューチャー)は、多くの人に愛され、英語学習者にとっても最適な英語教材といえます。

このSF映画は、タイムトラベル、冒険、そして80年代のアメリカ文化が絡み合った、独自の世界を描いています。

この記事では、「Back to the Future」を通じて英語を学ぶための方法や、映画内で頻繁に登場する単語やフレーズを紹介します。

(一部PRあり)
(一部PRあり)

「Back to the Future」とは

「Back to the Future」(バック・トゥ・ザ・フューチャー)は、1985年に公開されたタイムトラベルをテーマにしたSFアクション冒険映画で、ロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルが監督・脚本を務めました。

物語は、高校生の主人公マーティ・マクフライが、友人で発明家のドク・ブラウンと共にタイムマシンを使って過去と未来を旅するという展開です。

彼らは、1950年代に遡り、マーティが自分の両親の出会いを変えてしまい、未来が大きく変わってしまうという危機に直面します。

その後、シリーズはさまざまな時代への冒険と時間のパラドックスを探求しながら、キャラクターたちの成長と絆を描きます。

映画の主題歌である1985年のヒュー・ルイスの楽曲「The Power of Love」も大ヒットしました。

「Back to the Future」の登場人物

SF映画「Back to the Future」シリーズには多くの登場人物がいますが、以下に主要なキャラクターを紹介します。

  1. Marty McFly(マーティ・マクフライ) – 主人公で、高校生の少年。タイムトラベルの冒険に巻き込まれ、過去や未来を旅します。マイケル・J・フォックスが演じました。
  2. Dr. Emmett “Doc” Brown(ドク・エミット・ブラウン) – マーティの友人で、天才発明家。タイムマシンを発明し、マーティと一緒にさまざまな時代を旅します。クリストファー・ロイドが演じました。
  3. Lorraine Baines-McFly(ロレイン・ベインズ=マクフライ) – マーティの母親で、1950年代と1980年代の両方で登場します。リーヴ・トンプソンが演じました。
  4. George McFly(ジョージ・マクフライ) – マーティの父親で、気弱な性格の作家。クリスピン・グローヴァーが演じました。
  5. Biff Tannen(ビフ・タナン) – 主要な敵役で、マーティやその家族に対して問題を引き起こす不良少年。トーマス・F・ウィルソンが演じました。
  6. Jennifer Parker(ジェニファー・パーカー) – マーティの恋人です。クローディア・ウェルズが演じました。
  7. Einstein(アインシュタイン) – ドクの愛犬で、タイムマシンの最初の乗客。シベリアン・ハスキーが演じました。

「Back to the Future」を使ったおすすめの英語学習方法

映画は最高の英語学習教材です。

1回だけで見て終わりではあまりにももったいないです。

1つの映画が完璧にわかるようになるまで、徹底して学習しましょう。

まずは、DVDを入手しましょう。

created by Rinker
¥400 (2024/05/21 09:44:52時点 Amazon調べ-詳細)

または、U-NEXTの30日間の無料体験でも「Back to the Future」を視聴できます。

お申込みはこちら>>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

なお、映画を活用した英語の勉強は、特に、独学の場合は、TOEIC400以上になってからはじめたほうがいいです。

TOEIC400以下の場合は、映画で英語を学習するよりも基礎的な文法力や英単語・フレーズをしっかり身につけましょう。

基礎力がしっかり身についてから映画に挑戦しましょう。

TOEIC400以上の方におすすめの学習法  映画のスクリプトで学習

TOEIC400以上の方におすすめの学習法は 映画のスクリプトを活用することです。

Amazonなどで以下のような単語やフレーズの解説付きスクリプトを購入できます。

こちらを利用するといいでしょう。

  • まずは楽しみながら日本語字幕でDVDやU-NEXTで「Back to the Future」を視聴しましょう。
  • スクリプトを読みながら単語やフレーズの解説も読み、自分が覚えたい、あるいはわからない英単語やフレーズの一覧を作ります。下記の「『Back to the Future』に出てくる重要な英単語・フレーズ」もご活用ください。
  • 音読の練習(声に出して読む)を行い、わからない英単語やフレーズは作成した一覧で確認します。音読をし終わったら、映画を視聴しましょう。これを何度か繰り返します。映画を見るたびに理解できる英語表現が増えているを実感すると思います。
  • 最後に映画を見ながら同時にスクリプトを読んでみましょう。特に、アクセントやイントネーションに注意を払うと、自分の発音を向上させるのに役立ちます。

TOEIC700以上の方におすすめの学習法  映画を英語字幕で視聴

TOEIC700以上の方におすすめの学習法は映画を英語字幕付きで学習することです。

英語字幕付きで視聴することで、英語の発音とスペルを同時に学びながら、ストーリーを理解できます。

  • 英字幕付き(DVDがおすすめ)で映画を見ながら、わからない英単語やフレーズはメモしておき、後から調べて一覧を作りましょう。下記の「『Back to the Future』に出てくる重要な英単語・フレーズ」もご活用ください。
  • もう一回英字幕付きで視聴しましょう。わからない単語があったら、一度停止して、作成した英単語やフレーズ一覧表で見直します。
  • 3回目は映画の音声と合わせて感情をこめて発音などもまねながら英字幕を読みましょう。リスニングとリーディングの練習ができます。自信がつくまで何度も練習してみてください。単語の意味がわからなくなったら作成した一覧で確認しましょう。
  • 最後は、シャドーイングに挑戦です。英字幕を表示しないで、聞こえてくる英語と同時に発音してみましょう。

気に入った表現をアウトプットしよう

この映画で学んだ英語表現をしっかり自分のものにするためには、映画で使われている英語を実際に外国人とのコミュニケーションで積極的に使ってみましょう。

外国人とコミュニケーションする機会がない方は、オンライン英会話や英会話カフェの無料体験などを利用されることをおすすめします。

効果が出そうでしたら、そのまま続けましょう。

2回無料体験できるオンライン英会話

キャンペーン期間だと7日間無料体験できる

外国人と対面で話せる英会話カフェ(無料体験あり)

「Back to the Future」の重要な英単語・フレーズ

「Back to the Future」に出てくる重要な英単語・フレーズを場面別にピックアップしました。

ドクの部屋の場面

  • What’s going on?:何事だ?
  • That’s disgusting. :ひどいな。→部屋が散らかっていたのに対して(disgusting:むかつく)
  • breakthrough:大発見
  • equipment:設備
  • hook up to: 接続する(ここではギターをアンプに)
  • Keep that in mind: 心に留めておくよ。
  • twenty five minutes slow(25分時間が遅れる) slow:時計が遅れている 
  • precisely:その通り。本来は正確に

学校での廊下での場面

  • If you get caught, it’ll be four tadies in a row.(今度見つかれば、連続で4回になる)
  • tady:遅刻
  • in a row:連続で
  • Doc set all his clocks twenty -five minites slow(ドクは時計を25分遅れにした)
  • ~ minute(s) slow:~分時間が遅れる
  • hang around with: ~と付き合う(関係を持つ、親しくする)
  • nut・nut case:キチガイ、狂人
  • slacker:怠け者

町での場面

  • I just don’t think I’m cut out for music.(私は音楽の才能があるとは思えなかったよ)
  • cut out for:才能がある、適している、ふさわしい)
  • What if I send in the tape and they don’t like it.(テープを送って彼らが気に入らなかったらどうしよう) 
  • what if ~ :~ならどうしよう、ならどうなるんだろう
  • respectable:尊敬できる、立派な
  • flier:チラシ
  • freak out:興奮して怒る

ビフとお父さんとマーティの場面

  • insurance:保険
  • blind spot:死角
  • smash into:に衝突する
  • bill:請求書
  • I’ll get fired.(クビになる) fire:クビにする hire:雇う
  • hire:雇用する
  • tie:紐を結ぶ
  • untie:ひもをほどく
  • tow:牽引する・引っ張る
  • I had your car towed all the way to your house.(わざわざ車を家まで引っ張ってきた)
  • all the way:はるばる、わざわざ、ずーっと
  • Say hi to, say hello to:によろしく

マーティの家の夕食での場面

  • drop 人 a line:人に手紙を書く
  • It’s a major enbarssment:とても恥ずかしい embarrassment(恥)
  • Watch your mouth:口を慎め

ベットでの場面

  • Don’t be silly:そんな馬鹿な。
  • fall asleep:寝込む
  • Can you stop by my place and pick it up on your way to the mall?(モールへ行く途中で私の家に寄ってそれをとってきてくれるか?)
  • stop by:に寄る
  • place:家
  • on one’s way to:に行く途中
  • I’m on my way. 今向かってる。

モールでの場面

  • You made it. make it:間に合う、成功する
  • parking lot:駐車場
  • disintengrate:分解する
  • intact:傷ついてない
  • I am about to embark on an historic journey.(今歴史的な旅行に乗り出すところだ)
  • be about to:まさに~しようとしている
  • embark on:に乗り出す
  • Some of a bitch:このやろう
  • invent:発明する(invite:招待する)
  • the edge of the sink 流し台の端 sink(流し台)
  • Did you rip that off?(それを盗んだのかい?) rip off 盗む
  • I must be out of my mind.(おかしくなってしまったのか)
  • out of my mind :うっかりしてた、おかしい、気が狂う
  • Holy shit! しまった!

納屋での場面

  • Excuse me. Sorry, about your barn. (すみません、あなたの納屋を、ごめんなさい) 
  • barn:納屋
  • Excuse me:すみません:尋ねるとき Sorry:すみません:謝るとき
  • Son of a bitch:この野郎
  • intense:強烈な
  • This is nuts(くだらない) 
  • nuts:ばかげた

カフェでの場面

  • Give me a tab? (甘くないものをちょうだい)
  • tab:請求書、コーラで無糖のもの
  • Don’t be gullible (騙されんなよ)
  • guillible:だまされやすい
  • push+人+around:いじめる
  • stand tall: 胸をはって、堂々と
  • somebody:大物
  • run for mayor(市長に立候補する)  run for :出馬する、選挙に出る
  • sweep the floor(床を掃除する)sweep:掃除する

ロレインの部屋の場面

  • You’re safe and sound. safe and sound:無事に
  • burise: 打ってできる傷 たんこぶ
  • Do you mind if I sit here?:ここに座るのを気にするか?→返事は座っていいならNo、だめなら Yes

ロレインの家のリビングの場面

  • fiddle with ~:~をいじくる
  • He’s teasing you. (彼はからかっているんだ)
  • tease:からかう
  • brand-new:新品、新作
  • rerun:再放送
  • He’s an idiot(彼は間抜けだ)
  • upbringing:しつけ、養育
  • I’ll disown you.(勘当するぞ)
  • disown:勘当する

ドクの家での場面

  • mediocre: 二流の
  • Great Scott!: 大変だ、驚いた
  • It’s a little hard to come by ~(~を入手困難だ)
  • come by :~を入手する
  • I’m afraid you’re stuck here.(1965年から動けない)
  • stuck:動けない
  • hang out:ぶらつく
  • repercussion:影響、跳ね返り
  • bump into my parents(親に偶然会う)
  • bump into:偶然に会う

学校での会話の場面

  • be adopted:養子になる
  • Shape up:しっかりしろ。
  • slacker:怠け者
  • Go to it!:とりかかれ!
  • run off:逃げる
  • My mother has got hots for me? 
  • got hots for~ ~に夢中になる)
  • Did you ask her out?(彼女をデートに誘わないのか?)
  • What if they didn’t like them?(もし彼らがそれらを好きじゃなかったらどうする?)
  • What if ~:~ならどうする

カフェでの場面

  • ask ~ out:~をデートに誘う
  • Keep your pants on! (慌てないで!)
  • destiny:運命
  • density:密度

ダンスパーティでの場面

  • pick fight:始める
  • hand off:手を放せ
  • line:セリフ
  • course:経過、成り行き
  • backtire:裏目に出る
  • Don’t be such a square:(そんな堅いこと言うな)
  • buck:ドル
  • Your’e asking for it:自業自得
  • cut in:割り込む
  • I have feeling:そんな予感がする
  • Go easy on him:お手柔らかに
  • come through:成功する
  • stand up to:に勇敢に立ち向かう

通りでの場面

  • hit the gass:アクセルを踏む
  • Great Scott:大変だ
  • tear up:破く
  • if only:~ならいいのに
  • screw up:台無しにする
  • little bumpy:ちょっとゆれる
  • wrecked:壊れている

現在に戻ってきた場面

  • baster: この野郎
  • bulletproof: 防弾チョッキ ~proof を通さない・防~waterproof 防水の soundproof 防音の
  • screw up:めちゃくちゃにする、台無しにする
  • bumpy: がたつく 不安定な
  • nightmare: 悪夢
  • cheat :ごまかす 不正をする
  • wreaked: 壊れている wreak:〔破壊や損害を〕引き起こす、もたらす
  • con:だます Don’t con me(だますな)
  • fuel:燃料

おわりに

「Back to the Future」は楽しいエンターテインメントだけでなく、英語学習の貴重なツールでもあります。

「Back to the Future」で楽しく英語を学んで英語力を向上させてください。

本格的に学びたい方には以下の本がおすすめです。

「Back to the Future」のスクリプトと英単語やフレーズが詳しく解説されています。

上記も一部以下の本を参考にしています。

タイトルとURLをコピーしました