VOYAGEE eSIMの評判・口コミ【韓国での体験レビュー】

VOYAGEE eSIM 海外旅行用SIM

2024年3月に日本の上場企業が運営しているeSIMのVOYAGEE eSIMを提供していただき、韓国で5日間使ってきました。

この記事ではその体験レビューをご報告します。

eSIMのVOYAGEE eSIMのよかった点

  • チャットボットの24時間のサポートがある
  • テザリングができる
  • よくつながる
  • アクティベイトの解説がわかりやすい
  • カメラアプリでQRコードを読み取れる

eSIMのVOYAGEE eSIMの残念だった点

  • メールで直接やりとりできないのでちょっとストレス
  • サポートの返事が遅い。

まとめますと、サポートの返信がちょっと遅かったですが、それ以外は設定も簡単で、解説もわかりやすく、テザリングはできるし、スピードは速いしで現地で困ったことはまったくありませんでした。

VOYAGEE eSIMを自信をもっておすすめできます。

最大20%オフ>>>VOYAGEESIM

(一部PRあり)
(一部PRあり)

VOYAGEE eSIMとは

VOYAGEE eSIMは日本企業のティーガイアが提供するeSIMサービスです。

  • 会社名:株式会社ティーガイア
  • 所在地:東京都渋谷区恵比寿4丁目1-18 恵比寿ネオナート14F~18F
  • 資本金:31億5千400万
  • 設立:1992年2月
  • 代表取締役社長:石田 將人

株式会社ティーガイアは日本の大手企業で、法人向けの通信設備販売・教育事業・スマホケース販売などで認知を得ています。

日本の上場企業が運営しているeSIMで、サポートがしっかりしており、365日24時間チャットボット対応(有人チャットは日本時間9:00~18:00/日本人が対応)しています。

公式サイト>>>VOYAGEESIM

VOYAGEE eSIMを使用した体験レビュー

2024年3月に韓国の仁川やソウルで使用しました。

まずはその体験談をお話します。

設定の解説がとても親切

とにかく驚いたのが、VOYAGEE eSIMのアクティベイトの仕方の解説が本当にわかりやすいことです!

今まで5社以上のeSIMを使ってきましたが、解説のわかりやすさは一番です。

下記でもVOYAGEE eSIMの設定の仕方をあらためて解説しますが、とりあえずeSIMの使い方の解説をご覧ください。

本当にわかりやすいですね。

QRコードの読み取りはカメラアプリ

購入するとQRコードがメールで送られてきます。

通常はQRコードの読み取りアプリなどで読み取ることが多いですが、VOYAGEESIMはカメラアプリで読み取ります

QRコードの読み取りアプリのことなどよくわからない高齢な方など、わざわざアプリをインストールする必要がありません。

カメラアプリなら誰でも使いますので、簡単に読み取りができます。

さすが日本企業です。

よくつながる

今回はそもそもソウルと仁川のみで、田舎には行かなかったので田舎でのつながり具合はわかりませんが、ソウルと仁川ではどこでもよくつながりました。

こちらはソウルの地下鉄で測った速度です。

ソウルの地下鉄でつながらないということなかったです。

VOYAGEESIMのスピードテスト

テザリングに助けられた

テザリングもよくつながりました。

今回泊まった仁川のホテルで、WIFIの接続のパスワードに記号が含まれていて、スマフォやタブレットでは問題なく入力できたのですが、なぜだかパソコンでは上手く記号が入力できなかったため、どうしてもインターネットに接続できませんでした。

パスワードに記号を入れるのやめましょう。本当に迷惑。

いろいろ試しているのも時間がもったいなかったので、結局そのホテルではずーとテザリングをして仕事をしました。

スピードも速かったです。

ホテルにWIFIがあるからって安心できないですね。

今回はVOYAGEESIMのテザリングに本当に助けられました。

ありがとうございました。

謎の電話番号

ちょっとびっくりしたのが、電話番号が付与されていて、テキストメッセージで連絡がきたことです。

すぐにサポートに連絡したのですが、電話もテキストメッセージも実質使えないということでした。

テキストメッセージって、海外で結構使うので、せめてテキストメッセージだけでも使えたら最強のeSIMなのですが、残念!

サポート

日本の上場企業が運営しているeSIMで、サポートがしっかりしており、365日24時間チャットボット対応(有人チャットは日本時間9:00~18:00/日本人が対応)しています。

はじめてeSIMを使うといろいろ問題も起こりますので、サポートがしっかりしていると安心ですね。

実際にチャットボットの24時間サポートは「どのようにしたらわからない」という方にはいいですね。

ただ、マニュアル通りにやって、予期せぬことが起こった場合はチャットボットではなく、人が対応するチャットを利用することになります。

通常チャットというと続けてそのままどんどんやり取りをすることを想定しますが、VOYAGEESIMの場合、1回目はすぐに返事が来るのですが、続けて2回目の質問をすると返事が来ないのです。

これがちょっと不便でしたね。

その場合、ブラウザを変えて、新しいチャットを立ち上げるとすぐに返事がきます。

「1回目の質問は即効で」ということなのでしょう。

また、チャットを離れるとメールで返信が来るのですが、そのままメールではやり取りできず、またチャットに戻って返信を待つか、なかなか返事が来ないなら新しいブラウザーを立ち上げて質問する必要があります。

この点が面倒くさかったです。

ただ、返事は必ず来ますし、説明はとても丁寧でしたので、他のeSIM会社と比べてサポートが劣るということではありません。

他のeSIMの会社も速攻で返事が来るということはありませんので、チャットということでこちらがあまりにも過大な期待をしすぎたためにちょっと残念に感じてしまっただけです。

公式サイト>>>VOYAGEESIM

VOYAGEE eSIMの評判・口コミ

ここではVOYAGEESIMを使った方の評判・口コミを集めてみました。

データ使い放題で、このプライスは嬉しい。海外からのダウンロード購入はなかなか手を出しづらいなか、日本企業大手のティーガイア社が販売なので、アフターフォロー・サポートも安心でeSIM初心者にも進めやすいですね。

公式サイトより引用

ちょっと返信は遅くて不便でしたが、必ず丁寧な返事は来ますので、安心して使えます。

60代70代の夫婦で使ってみました。息子に教わりながらなんとかダウンロードして乗り継ぎのイスタンブールにて設定。個人旅行なのでGoogleMapや検索たくさん使わせていただきました。

公式サイトより引用

アクティベイトの仕方は簡単でこのコメントにあるようにご高齢の方にも簡単に使えます。

韓国出張で5日間のデータ無制限を利用しました。使い方も丁寧に記載してありましたし、5日間何不自由なく携帯を使用することができました。これでこの値段は安すぎる。Wi-Fiを5日間借りるより断然こちらです。とてもコスパがいいと感じました。ありがとうございます。また利用したいです。

公式サイトより引用

この口コミにありますように、アクティベイトの仕方の説明がとても丁寧です。

公式サイト>>>VOYAGEESIM

VOYAGEE eSIMのプラン

VOYAGEE eSIMのプランには以下のようなプランがあります。

VOYAGEESIM FOR KOREA

VOYAGEESIMの韓国向けのプランは以下の通りです。

  • 3日間プラン:¥1,980
  • 5日間プラン:¥2,970
  • 7日間プラン:¥3,980
  • 10日間プラン:¥4,400
  • 20日間プラン:¥6,780(セール価格¥3,390)
  • 30日間プラン:¥7,980(セール価格¥3,990)

各プランはすべてデータ使い放題です。

20日間と30日間プランがセール価格3,390円と随分お得ですね。

私が使ったのは5日間プランです。

詳しくはこちら>>>VOYAGEESIMの韓国向けのプラン

VOYAGEESIM FOR TAIWAN

台湾向けVOYAGEESIM eSIMには以下の3種類があります。

  • 3日間/3GB: ¥1,100
  • 5日間/5GB: ¥1,540
  • 7日間/7GB: ¥1,980

詳しくはこちら>>>VOYAGEESIMの台湾向けのプラン

VOYAGEESIM for Vietnam

ベトナム向けVOYAGEESIM eSIMには以下の3種類があります。

  • 7日間 / 7GB: ¥2,200
  • 5日間 / 5GB: ¥1,860
  • 3日間 / 3GB: ¥1,450

VOYAGEESIM for Thailand&Singapore&Malaysia

東南アジア3カ国eSIM 1GB/日(タイ・シンガポール・マレーシア)には以下の3種類があります。

  • 3日間 / 3GB: ¥1,250
  • 7日間 / 7GB: ¥2,150
  • 5日間 / 5GB: ¥1,700

詳しくはこちら>>>VOYAGEESIMの東南アジア向けのプラン

また、アジア・東南アジアのSIMをお探しの方は以下も参考に。10種類以上のSIMをご紹介しています。

VOYAGEESIM for Europe

VOYAGEESIMヨーロッパ42カ国eSIMには以下の4種類があります。

  • 10日間/5GB ¥2,800
  • 15日間/10GB ¥4,800
  • 30日間/20GB ¥7,900
  • 60日間/50GB ¥17,800

以下がヨーロッパ42カ国eSIMの対象国です。

アイスランド・アイルランド・アルバニア・アンドラ・イギリス・イタリア・エストニア・オーストリア・オランダ・キプロス・ギリシャ・クロアチア・ジブラルタル・スイス・スウェーデン・スペイン・スロバキア・スロベニア・セルビア・チェコ・デンマーク・ドイツ・トルコ・ノルウェー・ハンガリー・フィンランド・フェロー諸島・フランス・ブルガリア・ベルギー・ポーランド・ポルトガル・マケドニア・マルタ・モナコ・モルドバ・モンテネグロ・ラトビア・リトアニア・リヒテンシュタイン・ルーマニア・ルクセンブルク

詳しくはこちら>>>VOYAGEESIMのヨーロッパ周遊プラン

ヨーロッパ周遊のSIMをお探しの方は以下も参考に。10種類以上のSIMをご紹介しています。

VOYAGEE eSIMの使い方

今まで5社以上のeSIMを使ってきましたが、VOYAGEE eSIMの解説のわかりやすさは一番です。

しかもカメラアプリでQRコードを読み取れます。

購入するとQRコードがメールで送られてきますので、それを読み取ります。

上記のような画面になり、「続ける」を選択します。

VOYAGEESIM

アクティベート中になり、以下のような画面がでます。

「続ける」をクリックしてください。

そうすると以下のような画面が出てきます。

VOYAGEESIM

ところがこれはVOYAGEE eSIMに限らず、どのeSIMでもいえることなのですが、指示通りに行っても必ずしも同じ画面が現れるとは限らないのです。

私の場合、VOYAGEE eSIMでは上記の最後の画面は出てきませんでした。

その代わり「eSIMをアクティベートできません」と表示されました。

これはまだ日本にいたため、アクティベートできなかったために現れたもので、韓国(現地)ではきちんとアクティベートされました。

ただ、このようにどのeSIMでもアクティベ―トする際に、マニュアル通りの画面が現れるとは限らないので、がちゃがちゃ携帯をいじって高額ローミングがとられたら大変です。

そこで、eSIM設定に関する基本的な仕組みをきちんと覚えておきましょう。

私はiPhoneなので、それをもとに解説します。

日本出国前に行う確認事項

まずは「設定」をクリックしてください。

そうしますと以下のような場面になりますので、「モバイル通信」をクリックしてください。

「モバイル通信」をクリックすると以下のような画面になります。

主回線のオレンジの部分に通常日本で使っている携帯の電話番号が書いてあります。

これが日本で通常使っている回線で主回線です。

この主回線(日本で通常使っている携帯の電話番号が書かれている)をクリックしてください。

そうすると次のような画面になり、「データローミング」というのがありますので、「オフ」になっていることを確認してください。

データローミングとは海外滞在中、現地の通信事業者のネットワークを利用して、データ通信を行うための仕組みのため、これを「オン」にしたまま、海外に行くと日本の通信設備が海外の通信事業者に勝手につながってしまいます。

これがつながると高額請求されるのです。

私の同僚で10万円以上請求された方がいました。(iphoneが出たばかりのころは皆さんよくわからずこんなこと結構ありました)

実は私もiphoneを使い始めのころ、海外で主回線を「オン」にしてしまったことがあったのですが、このデーターローミングが「オフ」であったため高額請求を免れたことがありました。

それ以来「データローミング」は日本では「オフ」のままにしております。

機内で行うこと

設定に戻って、もう一度「モバイル通信」をクリックしてください。

飛行機に乗ったら、機内モードにしますが、そのときに主回線(自分の日本の電話番号が書いてあるもの)を「オフ」にしましょう。

これ以降日本に帰ってくるまでは、どんなことがあろうと日本の電話番号が書いてあるもの、つまり主回線は「オフ」のままで。

これは絶対いじってはだめです。

ところで、その下の「旅行」が「オン」になっていますが、これが今回購入したeSIMです。

eSIMの会社の指示通りにアクティベイトできると購入したeSIMが表示されるようになりますので、これをクリックすると「この回線をオンにする」と出てきますので、「オン」にします。

このままでは使えません。「オン」にしたら、もう一度「旅行」をクリックしてください。

すると、次のような画面になります。

iPhoneのスクリーン

これを海外で使うのですから、この「データローミング」を「オン」にしないと使えません。

eSIMを使い始めたころ「eSIM使えないぞ」とカスタムセンターに文句を言って、何度か「データローミング」を「オン」にしてくださいと言われたことがあります。

ですので、皆さんはこの基本をしっかり押さえてeSIMを利用しましょう。

それで機内モードにしておけば、現地について機内モードを解除したときに、自動的に現地の通信につながってくれます。

おわりに

ここではVOYAGEE eSIMの体験レビューや口コミ、さらに、使い方などを詳しく解説しました。

サポートの返信がちょっと遅かったですが、それ以外は設定も簡単で、解説もわかりやすく、テザリングはできるし、スピードは速いしで現地で困ったことはまったくありませんでした。

VOYAGEE eSIMを自信をもっておすすめできます。

最大20%オフ>>>VOYAGEESIM

タイトルとURLをコピーしました