基本5文型をマスターしたらクイックレスポンスで定着させよう!

基本5文型をマスターしたら クイックレスポンスで 定着させよう!英文法

英語のネイティブは実際にこれは何文型などと考えながら、話してはいませんので、必ずしも文型を理解しなくてもいいのですが、大人になってから他の言語を学ぶ場合は、文型に分けて理解したほうが、理解がすすみます。

そういった意味で、私は文型を理解することは重要だと思います。

ただ、これは何文型だっけと考えているうちは、話せるようになりませんので、考えないで自動的に英語が口からでるようになるまで練習しましょう。

そこで、文型練習用のクイックレスポンス(日本語を見たら・聞いたら瞬時に英語に訳す)の教材を作成しました。考えないですぐに訳せるようになるまで何度も練習してください。

クイックレスポンスについての詳細はこちらを参考に。

英文法はクイックレスポンスで自動化【英語の反射神経を鍛える】

基本5文型のポイント

5つの文型について学習します。

(S:主語 V:動詞 C:補語 O:目的語)

第1文型

S+V(「~は・・・する」)

He works. 

(彼は働く)

この文型をつくる動詞は,目的語も補語もとりません。ただし,前置詞がつくと修飾句になり,このような修飾句がついて長い文になることがあります。

第2文型

 S+V+C(「~は・・・である〔になる〕」) 〔S=C〕

自動詞の補語であり,その語句が主語の説明をしている場合は,

S(主語)=C(補語)になり,第2文型になります。この文型をとる動詞は,be動詞(is, am, are)のほか,appear, become, come, fall, feel, get, lie, look, prove, remain, seem, sound, turnなどがあります。

In most cases, the president is the chief executive officer.                  

 (多くの場合,社長は最高経営責任者である)

(the president = the chief executive officer)

第3文型

目的語をとる動詞

S+V+O(「-を・・・する」) 

I read some documents.      

(私は書類を読んだ)

第4文型

目的語は2種類あります。

直接目的語:普通「~を」と訳せる:彼は本を持っている(人・物)

間接目的語:普通「~に」と訳せる:彼は彼女に本をあげた。(人)

S+V+O+O(「~は-に-を・・・する」)

buy, give, pay, sell, send, show, teach, tellなどは,直接目的語(を)と間接目的語(に)の2つの目的語をとることができます。

Give me a call

(私に電話をください)  

第5文型

S+V+O+C(「~は-を〔が〕-と〔に〕・・・する」) 〔O=C〕

目的語の補語であり,その語句が目的語の説明をしている場合,

O(目的)=  C(補語)になり,第5文型になります。

These words made our boss happy.

(こうした言葉が社長を喜ばせた)

基本5文型 をクイックレスポンスで練習

基本文型について理論がわかっても、実際に使えなければ意味がありません。

ここからは、頭を白紙にしてひたすら自動化するまで練習です。

なお、クイックレスポンスについての詳細や学習方法は英文法はクイックレスポンスで自動化を参考にしてください。

動詞と基本文型 【学び直し英文法】クイック・レスポンス

動画で何度も練習しましょう。

次に、以下の日本語を英語に瞬時に訳してみましょう。すらすらできたら卒業です。

すらすらできなければ、動画に戻って練習して、再度チャレンジです。

  1. 彼は公園で遊ぶ。(第1文型)
  2. 私は学校に行く。(第1文型)
  3. 私は気分が悪い。(第2文型)
  4. 彼は若く見える。(第2文型)
  5. 私はボールを持つ。(第3文型)
  6. その少年はテニスをする。(第3文型)
  7. 彼は青色のネクタイをくれた。(第4文型)
  8. 父親は彼に新しいバットを買ってやった。(第4文型)
  9. 彼女は自分の猫をタマと呼ぶ。(第5文型)
  10. こうした言葉が社長を喜ばせた。(第5文型)

解答はこちらです。

  1. He plays in the park.
  2. I go to school.
  3. I feel bad.
  4. He looks young.
  5. I have a ball.
  6. The boy plays tennis.
  7. He gave me a blue tie.
  8. His father bought him a new bat.
  9. She calls her cat Tama.
  10. These words made our boss happy. 

おわりに

ここでは基本文型について解説してきました。

矛盾するようですが、文型をいったん理解したら、考えずに自然に口からでるようになるまで何度も練習しましょう。

文型をしっかり身につけましたら、実際に海外で外国人と話してみましょう。

今は、簡単に海外留学できるようになりました。

1週間からの留学もあり、働いている方でも気軽に行けます。

また、大学生の場合、貯金がまったくなくてもリゾートバイトと組み合わせて、留学できるプランもあります。

無料でオンライン英会話受け放題でリゾートバイト(食費・宿泊費・交通費もかからない)を集中して行って、数か月後に海外留学できる「リゾートバイト×留学【留学を貯金0円で可能に!】アルファリゾート留学生応援プラン」です。

 アルファリゾート×スマ留の問い合わせ・登録はこちら

アルファリゾート留学生応援プランの公式サイト

詳細は「リゾートバイト×留学【留学を貯金0円で可能に!】アルファリゾート留学生応援プラン」を参考に。

格安なマルタ留学にご興味のある方はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました