英語の動詞句を正しく使おう [ outとoff / overとaroundの違い]

動詞句英文法

動詞句とは、ものすごく簡単にいうと動詞+副詞もしくは動詞+前置詞のように、動詞に前置詞や副詞が加わり、新たな意味を持つ動詞のように働くものです。

つまり、動詞の後についているものの意味によって動詞句の意味が変わってきます。

ただ、多くの方は、そんなことも考えずに、動詞句を熟語としてそのままひたすら暗記してきたのではないでしょうか?

それでは正しく英語を使うことはできません。

動詞の後についている副詞や前置詞にきちんとした意味があり、英語ネイティブはそれらを使い分けています。

そもそも英語ネイティブには熟語という概念すらもほとんどなく、動詞の本来の意味と副詞や前置詞の本来の意味を掛け合わせて使っているだけです。

そこでここでは日本人が苦手とするoutとoff / overとaroundの違いとそれらが付いた動詞句について解説します。

outとoffの違い

最初にoutとoffの違いについて解説します。

out:三次元関係「立体感のあるものを中から外へ」

off:二次元関係「あるものの表面から離れて」

このような違いがあります。

clean outとclean offの違い

Clean out your desk!
(机の中をかたづけてきれいにしなさい)

机の中という立体感を表していることから、三次元関係であることが分かります。

Clean off your desk!
(机の上をかたづけてきれいにしなさい)

机の上という表面的なものを表していることから、二次元関係であることが分かります。

rinse outとrinse offの違い

rinse(すすぐ)でもout とoffで大きな違いがあります。

rinse out your mouth(口をすすぐ場合)

口内(立体感のあるもの)の汚れを落とすという感じで、三次元関係であることが分かります。

rinse off the dishes(皿の汚れをすすぐ場合)

表面の汚れを落とすという感じで二次元関係であることが分かります。

put outとput offの違い

Being forced to wait 45 minutes for her really put me out.
(私は彼女に45分も待たされて腹をたてた)

put me outは強い機嫌の変化を表し、中から外へ、「ふつうの機嫌の状態からまったく別の状態へ」激しく変化する気持ちを表現しています。

Her coquettish manner really put me off.
(私は彼女のちょっと媚びを売るような仕種を不快に感じた)

put me offは気に入らない点に対して、不快に感じる程度の気持ちを表現する。

overとaroundの違い

つぎにoverとaroundの違いを解説します。

turn over と turn aroundの違い

“turn over”と“turn around”はどちらも、回転させるという意味になります。

ただ、両者には回転軸の違いがあります。

turn over:回転軸が水平

She turned over.
横になっている女性が寝返りを打ったシチュエーション

turn around:回転軸が垂直

She turned around.
女性が立っている状態で一回転したシチュエーション

get overとget aroundの違い

He got over his fear of heights by taking para-chute training.
(彼はパラシュート訓練を受けて高所恐怖症を乗りこえた)

get overでは本人の努力で困難を乗り越えるといった水平軸で乗り越えるイメージがあります。

He got around his fear of heights by refusing ever to leave his one-story house on the beach.
(彼は海辺にある一階建の家から絶対に出ないことにして高所への恐怖を避けた)

get aroundでは垂直軸で避けるイメージがあります。

come overとcome aroundの違い

  • Why don’t you come over sometime?
  • Why don’t you come around sometime?

また、両者とも「いつか近いうちにでもうちに遊びにおいでよ」という意味で、単に、Why don’t you come to my house?というよりも両者ともに柔らかなフレンドリーなイメージになります。

ただし、両者には多少のイメージの差があります。

come over:一直線的なイメージ

come around:遠回りのような謙遜したイメージ

おわりに

ここでは日本人が苦手とするoutとoff / overとaroundの違いとそれらが付いた動詞句について解説しました。

簡単に最後にまとめますと以下のようになります。

  • out:三次元関係「立体感のあるものを中から外へ」
  • off:二次元関係「あるものの表面から離れて」
  • turn over:回転軸が水平
  • turn around:回転軸が垂直

これらの解説は名著「日本人の英語」を参考にしてまとめたものです。

created by Rinker
¥770(2021/10/25 21:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

日本人の間違いやすい英語が解説されており、非常に勉強になります。

「日本人の英語」はアマゾンのaudibleで無料で入手できます。

「日本人の英語」に関して以下のリンクでも簡単に解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました