折り紙のカエルの折り方を英語の例文で説明【動画付き】

英語で折り紙 カエル折り紙

カエルの折り紙は子どもたちに人気があります。

この人気のあるカエルの折り紙を英語で教えてみましょう。ただ、漠然と英語で指示を出しながら折っていっても、英語は身につきません。

覚えてほしい英語表現を選んで、体系的に覚えさせていきましょう。

ここではカエルの動画で使われている英語フレーズを9こにまとめました。

英語のレッスンやおうちでお子さんに折り紙を通して英語を教える場合は、これらの9つのパターンを強調しながら教えましょう。

英語で折り紙 カエルの折り方

カエル

半分に折って

「半分に折る」は「fold in half」

Fold in half horizontally.

horizontally 水平に

上に折って 

「上に折って」は「fold up」

Fold the two corners up.

Fold the bottom up.

Fold up.

下に折って 

Fold the corner down. (単数の場合)

Fold the corners down. (複数の場合)

Fold the top part down.

Fold the top down at the spot where the diagonal creases meet.

at でどこで折るかの場所を示します。

折り目に沿って折って

「沿って折る」という場合は、「fold along ~」を使いましょう。

Fold along the creases to form a triangle.

真ん中のほうに(両端を真ん中に)

真ん中のほうに(両端を真ん中に)to the center

真ん中のほうに折って(両端を真ん中に)。
Fold to the center.

折り目をしっかりつけて。

折り目をしっかりつけて。
Crease this fold well.

ひっくり返して

以下の3つを覚えておきましょう。

Turn the paper back.

Turn the whole model over.

Flip over.

開いて

開いて。
Unfold it.

引っ張って出して

「引っ張る」は「pull out」

Pull out the corners.

おわりに

カエルの折り紙でよく使う英語表現を解説しました。子どもたちは、何度も行ううちに、動作とともに覚えてしまいます。

折り紙を子ども英語のレッスンに取り入れてみましょう。

また、折り紙が好きな方は、折り紙を本格的に学んで折り紙の資格を取得しませんか。

おすすめの資格は折り紙関係の最大規模の団体である日本折紙協会の「折紙講師」の資格です。

資格取得で有名なヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」の「折紙講師養成講座」で、「折紙講師」の資格が取得できますです。

折り紙の資格の取得後、様々な作品を作って、海外のハンドメイトサイトのEtsyで売ることもできます。

詳細は日本折紙協会「折紙講師」の資格を通信で取得!「折紙講師」の仕事?、または、以下の公式サイトをご覧ください。

ヒューマンアカデミーの通信講座 折紙講師養成講座

その他の英語で折り紙に関する教材です。

また、このような動作を行いながら英語を教える方法を TPR(全身反応教授法) といいます。

TPRに関してはTPR(全身反応教授法)とは!メリット・デメリットを解説で詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました