TPR(全身反応教授法)は子どものための教授法!【幼稚園・保育園・小学校・児童英語教室の授業で取り入れよう】

TPR(全身反応教授法)? TPRを英語の授業に取り入れてみよう 児童英語教育・研究
TPR(全身反応教授法)? TPRを英語の授業に取り入れてみよう 

小学校 で外国語活動が必修化されましたが、「どんな授業を行ったたらいいのであろう」とお困りの先生方も多いのではないでしょうか。

TPR(Total Physical Response Approach:全身反応教授法)を授業に取り入れてみませんか。

簡単な命令文が多いので、教えやすいです。

なお、本記事は「小学校での英語」の一部です。より本格的に学びたい方は「小学校での英語」をご覧ください。

TPR(全身反応教授法)とは?

TPRとは、教師が英語で指示を出し、その指示に即座に応じて全身で反応するという教授法です。

児童英語ではよく行われています。 

TPRは1960年代に,アメリカの心理学者James J. Asherが提唱しました。

  1. リスニング力は身体の動きを通して伸ばす
  2. リスニングをスピーキングに先行させて十分に行う
  3. レディネスができるまで発話させない

という3つの原則にもとづいてTPRを考案しました(Asher, 2009)。

幼児は,話す力を習得する前に,膨大な時間を聞くことに費やします。

そして,動作と結びつけながら言葉を身につけていきます。こうした幼児の言語習得プロセスに着目し,命令を聞かせて,全身でそれに反応してもらうことで,外国語を習得させる指導法がTPRです。

幼児が母国語を習得する過程を応用したもので,命令を聞いたらすぐにそれを動作で反応させる方法です。

つまり,言葉と動作を結びつけることによって,日本語を介すことなく言葉を直接体感して理解するというものです。

幼児の母語習得の過程を外国語の学習に応用したTPRは,目標言語を通して直接的に外国語を学習するのに適しています。

学習者は個人または集団で指導者の命令を聞いて動作で反応するので,話すことを強制されず,緊張感を感じることがありません。

つまり,TPRでは学習者は音声が十分内在化されるまでは発話を強制されないため,ストレスも少なく楽しく学習することができます。

教師が英語の命令文を言い,その動作をさせるTPRは,小学校英語活動では多く取り入れられています。

英語を学び始めたばかりの小学生でも,TPRを楽しく行うことができます。

このようなTPRの手法を取り入れて英語でヨガを子どもに教えることができます。

【子ども英語ヨガクラス】のインストラクターになるためのロードマップ

小学校英語指導者 J-SHINE準認定資格取得準備コンプリートコース

TPRのクラスルームイングリッシュ動画

TPRでよく使うクラスルームイングリッシュを学びましょう。

動画の学習の仕方

①Part1  クイックレスポンス

日本語を見ながら英語に瞬時に間違えずに最後まですらすら英語に直せるようになるまで練習しましょう。
②Part2 シャドーイング練習

画面を見ないで聞いた英語とほぼ同時に発音してみましょう。

TPR【全身反応教授法】のクラスルームイングリッシュ 外国語活動

動画の中から、特に覚えておきたいクラスルームイングリッシュ、5フレーズをピックアップしました。

あごを触って。
Touch your chin.

円を足で描いて。
Draw a circle with your foot.

ひざを曲げて。
Bend your knees.

左足をあげて。
Lift your left leg.

片足で立って。
Stand on one leg.

Simon Saysをやってみよう

代表的なゲームにSimon Saysというゲームがあります。

Warm upなどにぴったりです。

動作を示す命令文の前に「Simon Says」という言葉をつけたときのみ、生徒はその動作を行い、命令文だけすなわち「Simon Says」を言わない場合はその動作を行いません。

以下が「Simon Says」で使うよく使うセリフです。これらをもとにご自分の授業で「Simon Says」を行ってみてください。

Stand up, everyone.

Here’s how to play the game.

If I say, “Simon says stand up,” you should stand up. 

But if I only say, “Stand up,” you shouldn’t stand up.

If you make a mistake,  you’re out of the game.   

Do you understand?

Ok, let’s begin.  Simon says touch your forehead. 

Simon says hands up.

Touch your nose. Oh, oh,    you’ve made a mistake.

I didn’t say Simon says.

もっと本格的にこのようなクラスルームイングリッシュを学びたい方は「BRIGHT AND EARLY子どもに英語を教えるための教室英語」南雲堂で学習してください。 こちらから

茶道のTPR教材はこちら

ヨガのTPR教材はこちら

引用文献

James J. Asher(2009) Learning Another Language Through Actions: Sky Oak Productions

コメント

タイトルとURLをコピーしました