小学校外国語活動でのクリル・CLIL・内容言語統合型学習【他教科の内容を英語で教える】 

CLIL児童英語教育・研究

「クリル」って何だろう?と思われる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

「クリル」とは他教科の内容と外国語の学習を組み合わせた教授法でContent and Language Integrated Learning(CLIL)のことで、日本では,「クリル」「内容言語統合型学習」と呼ばれています。

ヨーロッパで盛んに取り入れられている教授法です。

ここでは小学校の外国語活動でどのようにクリルを取り入れていくべきかというのを解説します。

クリル・CLIL・内容言語統合型学習とは

他教科の内容を教える教授法というのはいくつかありました。

たとえば,内容重視の指導(CBI)やイマージョン教育といわれるものです。

また、教科横断的な学習をクロスカリキュラムと呼ぶこともあります。

では、これらとCLIL はどう違うのでしょうか。

CLILは、内容と言語を同時に教えていくということに加え,学習者の思考力を発達させ,協同学習や異文化理解を促進させようという概念が入っていることです。

つまり、CLILでは以下の4つの構成要素が重要です。

1)Content(内容)教科のテーマやトピックを学ぶ

Content が意味するのは,教科のテーマやトピックのことです(奥野,2018)。

CLIL の基本原理は,言語学習をそれ単体で行うのではなく,意味のある文脈の中で行わせようとするものです(Coyle et al.,2010)。

2)Communication(言語)目標言語で内容に根ざした意見・態度を伝える

Communication とは,目標とする言語を使って内容に根ざした発見や,各々の考え・意見・態
度を他者に伝えていくことです。

3)Cognition(思考)思考を促進するように授業を展開

Cognition は,思考と訳されることが多いです。思考を促進するように授業を展開していきましょう。

4)Community / Culture(協学・文化)協同学習・異文化理解を取り入れる

CLIL の授業では,ペアワーク・グループワーク・協同学習・異文化理解を積極的に取り入れましょう。

Community /Culture とは,広い意味では学習者の所属している国の文化や共同体への理解などを指します。

一方で,狭い意味ではなグループメンバーとの経験や意見の交流によって養われる相互理解などを意味します(奥野,2018)。

CLILはこれらの4つの要素を有機的に結びつけて学習者中心の質の高い学びを実現しようとするものです。

つまり、これらすべてに等しく焦点を当てていることが CLIL の方針であるといえます(Coyle et al.,2010;二五・伊藤,2017)

おすすめのクリルの書籍

より詳しくクリルについて知りたい方は、日本語の書籍が何冊か出版されていますので、それらを参考にしてください。

フィンランドのクリルと日本の小学校での実践例が紹介されています。

学びをつなぐ小学校外国語教育のCLIL実践 

もっと専門的な書籍なら同じ著者のこちらおすすめです。

教育としてのCLIL

小学校英語指導者 J-SHINE準認定資格取得準備コンプリートコース

クリルの授業で使えるクラスルームイングリッシュ

ところで、近年日本の小学校でも「クリル」を取り入れた授業が行われるようになりました。

特に、以下の3つの教科が「クリル」を行いやすい教科だと思います。

  1. 手を動かしながら作る図工
  2. 体を動かしながら学ぶ体育
  3. 世界共通の算数

以下ではこれら3つの科目を英語で教えるためのクラスルームイングリッシュを学習します。

図工のクリルで使える英語

何かを作ったり,色を塗ったり,絵を描いたりする活動は小学校の英語活動でよく行われています。

学年が上がるにつれて高度な作品を作る活動を取り入れていきましょう。

ぶんぶんゴマを作ったり,紙飛行機を作ったり,楽しい活動を行うことができます。

以下は何かを作成するときによく使う英語表現です。

日本語を見て英語がすぐに言えるようになるまで,何度も練習しましょう。

曲線を引いて。
Draw a curved line.

まっすぐな線を引いて。
Draw a straight line.

正方形を描いて。
Draw a square.

丸を描いて。 
Draw a circle.

名前を右上に書いて。 
Write your name in the upper right corner.

魚にまるをつけて。 
Circle the fish.

算数のクリルで使える英語

算数は全世界共通の概念なので,取り入れやすい分野です。

計算や図形のことなどを英語で教えることができます。

以下は足し算・引き算・掛け算・割り算に関する英語表現です。

2足す3は5です。
Two plus three is five.

5引く3は2です。
Five minus three is two.

2かける3は6です。
Two times three is six.

6割る3は2です。
Six divided by three is two.

また,以下のような算数の応用問題を出すこともできます。

ケイトは2羽の鳥を見ました。ケンは3羽の鳥を見ました。全部で何羽の鳥を見ましたか?
Keito saw two birds.  Ken saw three birds.  How many birds did they see in all?

トムは4つのリンゴを買いました。そのうち2つを食べました。何個のリンゴを持っているでしょうか。Tom bought four apples. He ate two of them. How many did he have?

体育のクリルで使える英語

動作を行いながら,英語を学習できることから,体育を英語で行っている小学校があります。

また,英語の授業の中で,体育に関することを話題にすることもできます。

以下は体育に関する英語表現です。

日本語を見て英語がすぐに言えるようになるまで,何度も練習しましょう。

位置について,ヨーイドン。
On your mark. Get set. Go!

背泳ぎできる?
Can you swim the backstroke?

平泳ぎできる?
Can you swim the breaststroke?

クロールできる?
Can you swim the crawl?

どれくらい背泳ぎで泳げるの?
How far can you swim the backstroke?

逆立ちできる? 
Can you do a handstand?

頭立ちできる? 
Can you do a headstand?

でんぐり返しできる? 
Can you do a somersault?

側転できる? 
Can you do a cartwheel?

腕立て伏せできる?  
Can you do push-ups?

クリルで使えるクラスルームイングリッシュ学習動画

もっとたくさんクリルで使える英語表現を学びたい方はこちらの動画をご覧ください。

クリル・CLIL・内容言語統合型学習 のクラスルームイングリッシュ

これらの内容は「小学校での英語」の一部です。もっと詳しい内容は「小学校での英語」をご覧ください。こちらから

「英語で茶道」というCLIL教材を作成しています。こちら

引用文献

Coyle, D., Hood, P., and Marsh, D.(2010)Content and language integrated learning.
Cambridge University Press: Cambridge.

奥野由紀子(2018)第 1 章 CLIL って?奥野由紀子編,日本語教師のための CLIL 入
門.株式会社凡人社:東京,pp. 2-40.

二五義博・伊藤耕作(2017)高専 1 年生に対する体育 CLIL の可能性-英語を使用した
サッカーの授業を事例として-.大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要,第 14 号抜
刷:125-142.

コメント

タイトルとURLをコピーしました