折り紙の手裏剣の英語の折り方を解説!手裏剣を作って海外で売ろう

英語で手裏剣折り紙

忍者の手裏剣の折り紙は子どもたちに人気があります。

私は海外で折り紙を子どもたちに教えるときもよく手裏剣の折り方を教えます。

忍者も海外ではかなり知られていますので、海外の子どもたちも喜んで作ります。

こちらは以前にヨーロッパのマルタの図書館で折り紙を教えたときの紹介記事です。

ここでは折り紙の手裏剣の折り方を英語で説明し、特に、折り紙でよく使う動詞を例文で解説します。

英語で折り紙 手裏剣の折り方の動画

動画の英文スクリプトです。

You need two pieces of origami paper.

  1. Fold in half to make a triangle.
  2. Unfold it.
  3. Fold the paper in half horizontally.
  4. Unfold it.
  5. Fold to meet the center line.
  6. Now fold in half again.
  7. Fold it in half vertically.
  8. Fold along the crease line.
  9. Fold the other side in the opposite direction.
  10. Turn it over.
  11. Fold the top corner to make a small triangle.
  12. Let’s make one more piece.
  13. Make one more piece in the same way.
  14. Lay them on top of each other.
  15. Tuck the triangles into the pockets.

上記のスクリプトの日本語訳です。

2枚折り紙が必要です。

  1. 半分に折って三角形を作る。
  2. 広げて。
  3. 水平に半分に折ります。
  4. 広げて。
  5. 中心線に合わせて折ります。
  6. もう一度半分に折ります。
  7. 縦に半分に折ります。
  8. 折り目に沿って折ります。
  9. 反対側を反対方向に折ります。
  10. 裏返します。
  11. 上の角を折って、小さな三角形を作ります。
  12. もう1枚作ってみましょう。
  13. 同じように、もう1枚作ります。
  14. 重ね合わせます。
  15. 三角形の部分をポケットに入れます

手裏剣の折り方の覚えておきたい動詞の英語フレーズ

折り紙でよく使う動詞はなんといってもfoldです。

動詞foldの例文

以下では手裏剣の上記の動画でfoldを使った表現をまとめました。

半分に折る

Fold in half to make a triangle.

Foldthe paper in half horizontally.

Fold it in half vertically.

真ん中のほうに(両端を真ん中に)折る

Fold to meet the center line.

沿って折る

Fold along the crease line.

反対の方向に折る

Foldin the opposite side.

動詞unfoldの例文

広げる

次によく使うのが折ったものを開くという動詞です。

広げて。

Unfold it.

動詞turnの例文

ひっくり返す

ひっくり返すもよく使います。

ひっくり返す。

Turnit over.

動詞makeの例文

三角形を作る

上の角を折って小さな三角形を作って。

Fold the top corner to make a small triangle.

同じように作る

同じように作って。

Make one more piece in the same way.

動詞layの例文

重ねる

お互いに重ねて。

Lay them on top of each other.

動詞tuckの例文

押し込む

ポケットに押し込んで。

Tuckthe triangles into the pockets.

折紙の手裏剣を海外のハンドメイドサイトで売ろう

せっかく作った折紙の手裏剣を売ってみませんか。

英語が多少できる方でしたら、海外のハンドメイトサイトのEtsyで作品を売ることができます。

忍者は海外で人気などで、結構買う方もいるようです。

こういったサイトでの販売は、趣味を実益にできます。

折り紙が好きな方は、折り紙を本格的に学んで折り紙の資格を取得し趣味を見える形の資格にして、本格的に折り紙ビジネス始めましょう。

おすすめの資格は折り紙関係の最大規模の団体である日本折紙協会の「折紙講師」の資格です。

「折紙講師」 の資格は通信講座で格安(24,444円税込+認定登録料10,800円税込)に取得できます。

資格取得で有名なヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」と株式会社「日本ヴォーグ社」、さらに 日本折紙協会 が協力して行っている通信講座の「折紙講師養成講座」がおすすめです。

折り方を解説した詳しい以下のようなDVDと折り紙約500枚付きです。

詳細は 詳細は日本折紙協会「折紙講師」の資格を通信で取得!「折紙講師」の仕事?、または、以下の公式サイトをご覧ください。

ヒューマンアカデミーの通信講座 折紙講師養成講座

また、資格を取らずに、高度な折り紙を習いたい方は、がくぶんの「折り紙手芸講座」をおすすめします。

ものすごい高度な以下のような折り紙の折り方を習えます。

このようなのが折れるようになったら、海外のハンドメイトサイトのEtsyなどで高く売れそうですね。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

がくぶんの「折り紙手芸講座」

おわりに

ここでは手裏剣の折り紙でよく使う英語表現を解説しました。

出来た手裏剣を使って、いろいろゲームを行うことができると思います。ぜひ、楽しく英語で遊んでください。

その他の英語で折り紙に関する教材です。

また、このような動作を行いながら英語を教える方法を TPR(全身反応教授法) といいます。 TPRに関してはTPR(全身反応教授法)とは!メリット・デメリットを解説で詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました