日本文化を海外の子どもたちに紹介【マルタで折り紙ワークショップ】

マルタ折り紙

マルタってご存じでしょうか。

マルタとはイタリアの近くにある小さな島国です。

マルタは、正式にはマルタ共和国(Republic of Malta)といいます。

大きさは東京23区の約半分で、主な島として、マルタ島、ゴゾ島、コミノ島があります。

マルタの公用語はマルタ語と英語です。

日本文化を世界に発信ということをテーマにしているゼミのため、2019年9月に学生6名を連れて、マルタの図書館で「折り紙ワークショップ」を行ってきました。

その時のことをご紹介します。

マルタの紹介

首都バレッタは、街全体が世界遺産に登録されています。

バレッタは16世紀に、聖ヨハネ騎士団がオスマン帝国の攻撃を防ぐために建設したという要塞都市です。

本土のマルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つからなり、とにかく景色・町並みが綺麗です。

マルタ

こちらはコミノ島のブルーラグーンです。

マルタ島、ゴゾ島内ではバスが主な公共交通機関で、その他、島と島の間を移動したりバレッタとスリーマに行く時はフェリーも使います。

マルタについてもっと詳しく知りたい方はこれらの本を読んでみてください。

きっと行きたくなると思います。

created by Rinker
¥1,540(2021/11/27 01:06:54時点 Amazon調べ-詳細)

これらはガイドブックというよりもマルタ紹介の写真集です。

綺麗な写真がたくさん。

created by Rinker
彩流社
¥1,980(2021/11/27 01:06:53時点 Amazon調べ-詳細)

マルタ図書館での「折り紙ワークショップ」

学生6名は、予行練習として、北海道の美瑛町の図書館で日本の子どもたちに英語で折り紙の折り方を教えてきました。

このように用意周到に準備し、折り紙の折り方を完全に英語で覚えて、イスタンブール経由で15時間以上かけてマルタに行きました。

図書館の方のご厚意で、この「折り紙ワークショップ」をマルタ図書館の正規の夏のプログラムにしてもらいました。

当日は、図書館の方が大々的に宣伝してくれたこともあり、マルタの子どもたちがたくさん集まってくれ、とても喜んでもらえました。

マルタの子どもたちにとっては折り紙ははじめてという子どもが多く、おそらくマルタではじめての「折り紙ワークショップ」だったと思います。

折り紙は大盛況でしたが、和菓子と抹茶も披露したのですが、こちらは子どもたちに今一つ人気がありませんでした。

まとめ

ここでは、マルタの図書館で行った「折り紙ワークショップ」をご紹介しました。

今後も海外で折り紙をはじめとした日本の文化を学生とともに世界に広めていく予定です。

ところで、海外で折紙を英語で紹介したい方・折紙教室を開きたい方・折紙の作品をハンドメイドサイトで売りたい方は折紙の資格を取得しましょう。

詳細は日本折紙協会「折紙講師」の資格を通信で取得!「折紙講師」の仕事?、または以下の公式サイトを参考にしてください。

ヒューマンアカデミーの通信講座 折紙講師養成講座

以下は、折紙×英語に関する教材・情報です。参考にしてください。

2021年度現在、コロナでなかなか留学できない中、ヨーロッパではワクチン接種はかなりすすんでおり、マルタでも感染者数がかなり減少しています。

そのような中、6月1日からマルタでは語学学校の対面の授業を開始することが決まり、なんとマルタ政府は世界中から集まる留学生に対して最大300ユーロの支援金を出す決定をしました。

入国後14日間の自己隔離も不要です。

詳細はコロナでも行ける格安マルタ短期留学!を参考にしてください。

また、リゾートバイトで格安にマルタに留学できる方法もあります。詳細はリゾートバイト×留学【留学を貯金0円で可能に!】、または以下の公式サイトをご覧ください。

アルファリゾート留学生応援プランの公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました