外国人に人気の和菓子【外国人へのお土産におすすめの和菓子5選】

和菓子の海外へのお土産その他(日本文化)

平成25年12月「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録され、それを前後して、和食のみならず、和菓子も海外で大人気です。

ホームステイや海外に転勤になったときなどに、和菓子のお土産を持って行くととても喜ばれると思います。

ただ、地域(ヨーロッパ・アジア・アメリカなど)によって、喜ばれるものがちょっと異なる傾向にあるようです。

私はいろいろな国の方に和菓子をお土産として持って行ったことがあります。

ここではその経験をもとに外国人に和菓子をお土産としてあげる際の注意点を解説します。

また、私が実際に外国人へお土産としてあげた和菓子のなかからおすすめのものを5つご紹介します。

簡単にまとめますと、あんこ系は外国人は嫌いな方が多いので(特に、ヨーロッパ)、賞味期限が長いからといって、特に、ようかん・水ようかんは持って行かないほうがいいです。

とにかく見た目が綺麗な京菓子などがおすすめです。

和菓子を外国人にお土産にする場合の注意点

ここでは、私が今まで行って和菓子のお土産を渡した国(韓国・シンガポール・オーストラリア・アメリカ・カナダ・ポルトガル・マルタ・アイルランド・イギリス)での経験にもとづいてお話します。

ただ、大規模な統計を取ったわけではありませんので、あくまでも「私の周りの外国人は」ということでの話ですが、なんとなく傾向はあるような気がします。

地域別の和菓子のお土産の注意点

最初に、一番よく和菓子のお土産をあげているヨーロッパについてお話します。

ヨーロッパでは、あんこは嫌われる傾向にあります。

これには理由があり、ヨーロッパでは、ビーン(豆)は甘いものではなく、おかずとして食べている国が多いのです。特に、南ヨーロッパでは。。

そのため甘いとびっくりして、嫌がります。

その逆が、お米は日本人にとって主食で甘いお米なんてとんでもないですよね。

ところがポルトガルはお米を牛乳であまく煮て、シナモンをかけるんです。

「お米はデザートではない」という固定観念があるので、私はこのお米のあまいデザートが大っ嫌いで、私の周りの日本人も嫌いな方が多いです。

同じようなことをビーン(豆)に感じるのでしょう。

マルタで折り紙を教えるワークショップを行ったのですが、そのときに賞味期限が長いので、水ようかんをたくさん持って行きました。

大人にも子どもにも不評で大量に残ってしまい、口に入れて吐き出した子どももいました。

50名近くいて、美味しいといった方はほとんどいませんでした。

水ようかんは不評でしたが、折り紙のワークショップはとても好評でした。

この様子は折り紙を海外の子どもたちに紹介:マルタ図書館をご覧ください。

賞味期限が長いからといって、海外のお土産にようかんや水ようかんはやめたほうが無難です。

特に、ポルトガルにはポルトガル人の親族がいるのでよくわかるのですが、あんこはかなり嫌われています。

お土産に白あんをあげても「うーん。まあまあ」って感じです。

では、何が人気かというと、とにかく綺麗な京菓子です。

こちらはポルトガルへの定番のお土産です。

ただ、イギリスやアイルランドではもう少しあんこ慣れしているような気もします(あくまでも主観)。

イギリス・アイルランドにはあまいビーン(朝食でよく出るもの)もありますし。。甘い豆に慣れているのかもしれません。

アメリカ・オーストラリア・カナダなどには、抹茶ブームというぐらいに抹茶が人気ですので、抹茶関係の和菓子・お菓子なら間違いないでしょう。

韓国は、政治的にはいろいろありますが、ヨーロッパやアメリカに長く滞在した後に、韓国に行くと、外国とは思えないくらいほっとした気持ちになります。

それくらい日本と韓国は似ているのでしょう。

そのため味覚も比較的似ており、あんこも好きな方が多いです。

韓国はあまり心配することなく、日本人が美味しいという思うものを持って行くと、ほとんど失敗ありません。

賞味期限は長いもの

あとは、何があるかわかりませんので、海外へのお土産は当然賞味期限が長いものがいいです。

飛行機が遅延して、渡すときにはすでに賞味期限切れなんてこともありえます。

そのためお餅系のようなものは難しくなります。

練り切りはとても綺麗なので、外国人は大好きなのですが、練り切りは賞味期限が短いので海外にお土産として持って行くのは難しいでしょう。

外国人へのお土産としてのおすすめの和菓子5選

ここでは外国人へのお土産としてのおすすめの和菓子を紹介します。

実際に私がお土産として渡したものだけをご紹介します。

第1位 綺麗な京菓子

なんといっても見た目が綺麗なものが外国人は大好きです。

こちらの写真をポルトガルの親戚に送っただけで、次はこれを持ってきてくれとせがまれたお菓子です。

第2位 綺麗な金平糖

created by Rinker
豆富本舗(京都・豆富)
¥1,500(2021/08/03 22:15:57時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは海外の研究者にお土産としてよく持って行くものです。

「可愛いい」ということで喜ばれます。

また、軽いので海外でお土産を持ち運ぶのに便利ということもあります。

また、比較的賞味期限が長いので、心配なくあげられます。

第3位 抹茶系のお菓子

抹茶カフェや抹茶アイスなどが海外(アメリカ・カナダ・オーストラリアなど)で人気ですので、抹茶系のものもおすすめです。

本当は抹茶の大福とか、お饅頭とかを持って行きたいのですが、賞味期限が長いものが少ないで、結局、賞味期限の長い抹茶のチョコレートやクッキーを持って行くことが多いです。

こちらは賞味期限が3か月なので、抹茶好きな方にこちらをよく持っていきます。

created by Rinker
ROYCE'(ロイズ)
¥1,600(2021/08/03 22:15:58時点 Amazon調べ-詳細)

第4位 「ひよこ」などの定番

日本と味覚が近い韓国・ハワイへのお土産は「ひよこ」が喜ばれます。

ハワイでは大学生が「ひよこ」を見てすごい喜んでいました。

created by Rinker
東京ひよこ
¥4,100(2021/08/03 22:15:58時点 Amazon調べ-詳細)

第5位 綺麗な干菓子

干菓子は賞味期限も長いし、綺麗なのでおすすめですが、個人的にそんなに好きというわけではないので、第5位になりました。

ただ、海外で茶道をやっている方にお会いするときには干菓子をお土産に持って行くととても喜ばれます。

created by Rinker
創作菓子 悠
¥3,780(2021/08/03 22:16:18時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

外国人に和菓子をお土産として持って行く際の注意点とおすすめの和菓子を私の体験談をもとにお話ししました。

まとめますと、とにかく見た目が綺麗な京菓子などがおすすめで、賞味期限が長いからといって、ようかん・水ようかんは嫌いな方(特に、ヨーロッパ)が多いので持って行かないほうがいいです。

私のように吐き出されることもありますよ。

また、和菓子だけでなく、親しい方やホームステイなどをする際には、茶道セット(おすすめ茶道具セット7選を参考に)を持っていって、抹茶のたて方や抹茶の飲み方を教えてあげるととても喜ばれると思います。

抹茶のたて方は家にあるもので茶道を行おう!棗・茶筅・茶杓を使ったカジュアル茶道!を、抹茶の飲み方は抹茶の飲み方を英語で学ぶを参考にしてください。

なお、茶道を英語でもっと学びたい方・情報を得たい方は茶道を外国人に英語で説明できるようになろう【茶道を世界に発信】をご覧ください。

ところで、海外に早く行きたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

2021年に海外に行きたいという思われている方は、ヨーロッパのマルタをおすすめします。

マルタでは14日間の隔離なしで6月1日から入国でき、語学学校も再開しています。

格安で1週間から短期で行けるエージェントもあります。

留学の際にぜひ今回ご紹介した和菓子をお土産に持っていってください。

マルタについての詳しい情報はこちらを参考に。

留学資金を早く貯めたい方はこちらを参考に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました