小学校英語指導者資格J-SHINEは必要?意味ない?役にたたない?

児童英語の資格児童英語教育・研究

「子ども英会話教室を自宅で開きたいけれども資格は必要?」

「小学校で英語を教えたいけれどもJ-SHINE という資格を取得したほうがいいの?」

「J-SHINEって意味がないとか役に立たないっていわれるけど本当?」

などと思われている方のために、ここではそれらの疑問にお答えします。

簡単に結論を要約しますと以下のようになります。

J-SHINEは必要かというと、教員免許のように公的な資格でもなく、法的な効力もないので、必要ありません

ただ、子どもを教えるのは大人や中高生に英語を教えるのとは全く異なります。

子どもに英語を教えるためには、体系的に子どもに英語を教える理論や手法を学ぶ必要がありますので、そういった意味ではJ-SHINEは意味がないわけではありません

また、J-SHINEに限らずどのような資格でも同じですが、その資格が役に立つか立たないかは、その資格を取得後にどのように生かすか、つまり本人次第です。

そのように考えると、J-SHINEより安く取得でき児童に英語を教えるということを体系的に学べる資格があれば、それでもOKではというのが私の結論です。

J-SHINEより安く取得できる児童英語の資格>>>児童英語インストラクター資格取得講座

自己紹介

2003年より複数の大学で「児童英語講師養成講座」を担当し、J-SHINEの講座も担当。

J-SHINEとは

子ども英語

小学校英語指導者認定協議会 (略称:J-SHINE)」 は日本の小学校での英語教育を促進するため2003 年 2 月に内閣府へ「特定非営利活動法人」としての申請を行い、民間主導で設立された英語教育指導者の資格認定を行うNPO法人です。

小学校での英語教育の普及・発展を支援することを目的として、2003年に発足しました。

質の高い指導者を増やすために認定機関として一定以上のスキル・知識のある方を認定しています。

そのJ-SHINEで認定している資格のことをJ-SHINEといいます。

児童英語の資格で最も有名な権威のある資格の一つです。

大学でもJ-SHINEを取り入れているところもあり、児童英語講師の資格としては最も信頼のできる資格です。

この資格を取得するためには、J-SHINEが定める「登録団体」からの推薦を受ける必要があります。

登録団体には、スクールや通信、大学などがあります。

多くの大学でも J-SHINEの資格を発行しており、私自身もある大学の J-SHINEの講座の講師をしておりました。

J-SHINEの資格を取得するためには、J-SHINEの認定を受けた登録団体が主催する「指導者養成講座」を修了し、その団体から推薦を受け、願書を出願し、最終的にはJ-SHINEの認定委員会にて認定され、資格が付与されます。

以下のような順序になります。

  • 受講団体を決める
  • 講座の受講を開始する
  • 修了後、その団体の「資格認定の手続き」に従い、申請書類を作成
  • 申請書類は登録団体経由でJ-SHINE事務局に提出

大学で行っている場合は、もちろん受講料はほぼ無料になりますが、そうでない方は自分で探す必要があります。

J-SHINEは必要か?

子ども英語

「J-SHINEは必要か」に対する問いですが、答えは必要ないです。

J-SHINEは小学校の外国語活動や、幼児向けの英語教室における活動する指導者向けにによって行われる認定資格で、英語の教員資格のように公的な資格ではありません。

そもそも中高の英語の教員免許のように公的な資格ではありませんので、J-SHINEを持っていれば、小学校で教えられる、あるいは、小学校で教えるのにJ-SHINEが必要というというわけではなく、いわゆる英検やTOEICと同じような民間の資格試験です。

もちろん、J-SHINEがあるから必ずしも「英語の先生になれる」「子ども英語の教室が開くことができる」というわけではありません。

ですので、J-SHINEは子どもに英語を教えるのに必ずしも必要な資格というわけではありません。

子どもに英語を教える方法は学ぶべき

英語の授業

ところで、中学校英語または高校英語の免許状を持っている方が、そのまま小学校や児童英語の教室で「英語」を教えることができるかというとそれはかなり難しいと思います。

子どもに英語を教えるのは、中学校、ましてや高校とは大きく異なります。

文法説明などを「えんえん」とやっても、英語嫌いな子どもを作ってしまうだけです。

また、英語が得意(帰国子女・TOEIC900以上)な方が、子どもに英語を上手に教えられるかというとそれもです。

私は 2003年より複数の大学で「児童英語講師養成講座」を教えてきました。

そこで悟ったことは、子どもに英語を教える上手下手に「英語力」はあまり比例しないということです。

あるとても偏差値の低い大学で教えていたことがありますが、そこは保育士養成大学でしたので、子ども好きの学生ばかりが集まってきます。

英語はできる学生で英検準2級ぐらいで、ほとんどの学生は英検3級ぐらいです。

彼らと一緒に近隣の児童に英語の読み聞かせをやったり、クリスマス会をやったりいろいろ行いました。

すごい上手ですよ。

子どもたちも大喜びです。

自分たちでどんどん子どもが好きそうなものを企画して、教えていました。

トーイストーリの人形劇を英語でやったり、「はらぺこあおむし」のエプロンシアターを自作して英語で行ったり、英語の歌一つにしても楽しく教えます。

もちろん英語力はないので、こちらで英文はチェックし、覚えるべきところを完璧に覚えさせるなどきちんと指導するからこそ、英語力の低い学生でも指導ができるようになるわけで、子ども好きな人がみんな上手に英語を教えられるわけではありません。

一方、英語力が高い学生さんが多い大学でも児童英語を教えたことがありますが、もちろん英語はきちんと言えます。

ところが、子どもの扱いが上手ではないので、「これでは子どもも喜ばないだろうな」と思うことがしばしばでした。

つまり、英語力と子どもに英語を教える力はイコールではないということです。

子どもに英語を教えたい方は、英語力の有無にかかわらず、体系的に児童英語について学ぶべきです。

そういった意味では、J-SHINEを取得することにより、児童英語を体系的に学べますので、J-SHINEを取得することとても意味があると言えます。

J-SHINEが取得できるスクール 「アルク児童英語教師養成コース」

では、ここでJ-SHINEを取得できるスクールをご紹介します。

J-SHINEを取得するのに、数十万円もかかる講座も多いので、ここでは10万円前後でJ-SHINEが取得できるアルクの通信講座をご紹介します。

通信講座なので、空いた時間を活用し、マイペースで学習できます。

仕事や家事、育児で忙しい毎日でも、無理なく学習を続けられます。

また、スマートフォン対応の音声アプリや電子書籍(一部教材)もあるので、場所を選ばず学習することができます。

「J-SHINE」の資格取得者約41,000人のうち、約11,000人以上がアルクからの資格取得者です(2017年調査)

詳細はこちら>>>「アルク児童英語教師養成コース」

以下で簡単にアルクの通信講座でJ-SHINEの資格を取得する方法について解説します。

ステップ1 「アルク児童英語教師養成コース」を終了

「アルク児童英語教師養成コース」は子どもに英語を教えるための知識と技能を6カ月で習得できるように組まれています。

以下のような内容を学びます。

  • 児童心理学や言語習得論、バイリンガル教育、小学校英語教育の基本など、子どもに英語を教える教師として欠かせない、指導の土台となる理論を学ぶ
  • 教授法や指導法、カリキュラム、教材・教具、歌・チャンツ・ゲームなど各種アクティビティを学ぶ
  • 発音・文法・クラスルーム・イングリッシュ・語い力、表現力、発想力など、レッスンを展開するために必要な英語力を高める。

はじめの2カ月で子どもに英語を教えるための理論や、児童英語教育および小学校の英語教育についての「基礎力」を習得します。

残りの4か月でDVD・CD・絵本・絵カードなどを使って「実践力」を伸ばしていきます。

特に、サンプルレッスンの映像が入ったDVDもあり、子ども向けの英語のレッスンを具体的にイメージでき、クラスルーム・イングリッシュの使い方などが参考になります。

また、本講座にはスマートフォン対応の音声アプリや電子書籍(一部教材)もあるので、場所を選ばず学習できます。

最終目標は、本コースで学んだ知識を総動員させて、オリジナルプランを作成することで、そのレッスンプランは専門のスタッフによって細かく添削してもらえます。

  • 受講期間:最大12カ月(受講延長期間6カ月含む)
  • 受講料:85,800円(税込)

ステップ2 アルク指定の「小学校英語指導者資格取得研修講座」に参加 または「DVD版 小学校英語指導者資格取得研修講座」を受講

J-SHINEの資格を取得するには、上記の「アルク児童英語教師養成コース」終了後、アルク指定の「小学校英語指導者資格取得研修講座」に参加する必要があります。

以下の2種類があり、どちらかを選びます。

  • 1日スクーリング形式の研修講座
  • DVDで「小学校英語指導者資格取得研修講座」

受講料:39,000円+消費税

ステップ3 必要書類をJ-SHINEに送付

資格取得研修講座を受けたら、J-SHINEに認定してもらうため書類を準備し、送付します。

そうしましら、 J-SHINE から資格証明書が送られてくるまで待ちましょう。

比較的安いといわれるアルクの通信講座でもJ-SHINEを取得するのに、結局10万円以上はかかってしまいますね。10万円は大金です。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、児童英語を体系的に学ぶだけならわざわざ公的効力のないJ-SHINEを取得する必要がないのでは?J-SHINEよりももっと安価に取得できる児童英語関係の資格や講座があればそれでもいいのではということです。

J-SHINEの他に、もっと安価に(約5万円で半額)取得できる児童英語教師関係の資格として一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が発行する「児童英語インストラクター」があります。

このような資格でも十分ですね。

詳しくは児童英語インストラクター資格取得講座を参考にしてください。

J-SHINEが役に立つか立たないか?

最後の問い「J-SHINEが役に立つか立たないか」ですが、どのような資格でも役に立つか立たないかは、その資格を取得後にどのように生かすか、つまり本人次第です。

どの資格も同じですが、取得しただけで、仕事も得ることができず、上手に活かすことができなければ、役に立たない資格ということになります。

資格を取得したら、何等かの形でそれを活かした仕事をゲットしましょう。

そこでつぎではJ-SHINEを取得後の具体的な仕事を探し方についてお話します。

J-SHINE取得後の仕事の探し方

J-SHINE取得後の仕事の探し方として3つご紹介します。

J-SHINEのホームページで小学校の英語の先生の仕事を探す

J-SHINEのホームページの教育委員会からのお知らせとありますように教育委員会で英語の先生を募集しており、小学校での英語教員としての求人が探すことができます。

また、以下のように、「J-SHINE等の資格を取得しているとなおよい」などのように書かれています。

兵庫県川辺郡猪名川町教育委員会

(1)中学校英語または高校英語の免許状を有すること
      または
(2)小学校免許状 及び CEFR B2相当(英検準1級相当)を有すること
※資格を証明できるものを所持
※J-SHINE等の資格を取得しているとなおよい

近くの市町村の教育委員会に直接聞いてみる

J-SHINEに求人を出さずに、小学校の英語の講師を募集している市町村もあります。

お近くの教育委員会に問い合わせてみましょう。

募集していても、1年に1回しか募集しませんので、その機会を逃さないように。

自宅で英会話スクールを開く

J-SHINEの資格を取得しましたら、自宅や貸教室などでお教室を開きましょう。

また、今はオンラインでも子ども対象の英会話スクールを開くことができます。

そのときのポイントとして、何か特色のあるスクールにするということです。

特に、体を動かしながら英語を教えるTPR(全身反応教授法)という手法を取り入れることをおすすめします。

詳しくはTPR(全身反応教授法)とは!メリット・デメリットを解説をご覧ください。

以下でいくつか具体的なアイディアをご紹介します。

折紙など工作に特化した英会話スクール

たとえば、手先が器用な方でしたら、「工作を英語で学ぶスクール」というように何かを作りながら英語を教えるスクールなどもとても楽しいと思います。

折り紙で英語を教えることについてご興味のある方は折り紙の折り方を英語で教えよう・学ぼう!「折り紙×英語」の仕事は?をご覧ください。

また、以下のような折紙が英語で学べる教材があります。

ストレッチ・ヨガなど体を動かしながら英語学ぶ英会話スクール

英語でストレッチ・ヨガを子どもに教えることもできます。

以下は英語で子どもにヨガを教えるときの方法などを解説しています。

詳しくは以下のリンクを参考に。

キッズ英語ヨガを本格的に行いたい方は、キッズヨガの資格を取得されることをお勧めします。

詳しくはキッズヨガの資格を取得しよう!、または以下の公式サイトをご覧ください。

キッズヨガの資格を取得できる養成講座(通学・オンライン)

リトル&キッズヨガインストラクター 資格養成講座【通学・オンライン】

キッズヨガの資格を取得できる養成講座(通信講座)

?リトル&キッズヨガインストラクター 資格養成講座【通信】

おわりに

英語の授業

ここではJ-SHINEが必要かどうか、意味がないのか、役にたたないのかという疑問についてお答えしてきました。

簡単にまとめますと、「J-SHINEが必要か」と問われると公的な資格ではありませんので、「必要ない」と断言できます。

ただ、子どもに英語を教えることと、中学生以上に英語を教えることはかなり異なります。

子どもに英語を教えるためには、体系立てて子どもに英語を教えるための理論をしっかりと学ぶ必要があります。そういった意味ではJ-SHINEを取得することはとても意味があることです。

また、J-SHINEが役立つかどうかは、J-SHINE取得後にそれをどのように生かすかですので、人それぞれです。

ところで、J-SHINEを取得するには10万円以上かかります。

もっと安く半額近くで体系的に学べる一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が発行する児童英語インストラクタ―の資格がありますので、私はこちらで十分だと思います。

詳細はこちら>>>児童英語インストラクター資格

また、お金は一切かけたくないという方には以下の本をおすすめします。

小学校での英語の教え方をわかりやすく解説しました。

某大学の「J-SHINE」の講座のテキストです。

amazonのKindleのunlimitedでしたら無料で読めます。

1か月の無料体験もできます。

Kindleのunlimited についての詳細はこちら>>>Kindleのunlimiteの無料体験

コメント

タイトルとURLをコピーしました