韓国の英語教育を教育格差の観点から解説【英語村・EBSe・子ども英語図書館】

韓国英語児童英語教育・研究

韓国は英語教育が盛んだということはよく聞くことだと思います。

実際に、日本よりも早く小学校に英語教育を取り入れてきました。

韓国の英語教育は、失敗していること・成功していることそれぞれですが、失敗も含め韓国の先例から学べることは多くあると思います。

私が10年間韓国の英語教育を研究する中で、最も日本が学ぶべきことだと思っているのが、教育格差対策です。

日本でも近年不景気が続き,こどもの教育に十分に投資できない家庭が増え,教育格差ということが問題になりつつあります。

韓国では日本以上に都市と地方などの地域や親の収入などによる教育格差が大きな社会問題になっています。

しかも英語が最も教育格差が大きいといわれており、その教育格差を縮小するために政府・自治体が様々な対策を行っています。

ここでは政府や自治体主導で行ってきた英語教育に関する教育格差対策についていくつかご紹介したいと思います。

私は10年以上韓国の英語教育について研究を行い、多くの論文を発表してきました。

これらの論文の内容をもとにわかりやく解説いたします。

韓国では英語の教育格差が社会問題 

韓国は日本以上の学歴社会であり,そのため,親の教育熱は高く,親は小さいころから子どもの教育に投資しており,塾通いや家庭教師などの私教育費 の増大が大きな社会問題になっています。

韓国では毎年小学6年生を対象に「国家水準学業成就評価」という全国規模の学力テストを実施していますが,都市と地方における点数差は英語が最も著しいといわれています。

特に、英語に関する教育格差が大きな問題となっており、学校で英語を学ぶ小学3年生になるまでに,児童の間に英語力に格差ができてしまっていることも多く、裕福な家庭は子どもを積極的に海外に送って語学研修を受けさせたりしています。

この状況への対策として,各自治体は英語体験施設(英語村など)を設置してたり、国営の英語番組専門放送チャンネルEBSeを開設したり、英語図書館を開館しています。

韓国の英語教育① 韓国の英語村

韓国の英語村は、留学に行くことのできない子どもが「擬似外国体験」をできるようにする試みで,施設内ではイミグレーションや税関を通過して「入国」し,買い物や食事もすべて英語で,外国のシステムに沿って行う仕組みとなっています。

以前、韓国の5か所の英語村の調査に行きましたが、韓国の児童が非常に安く施設を使え、教育格差対策として素晴らしいなととても感心しました。 

特に、所得が低い児童にはいろいろな援助があり、無料で参加できる施設もありました。

「京畿英語村パジュキャンプ」は何度か訪問したことがありますので、その時のことを少しご紹介します。

「京畿英語村パジュキャンプ」はイギリスの南部地方ライ村をモデルに,楽しいアクティビティを通して,生活の中で自然に英語と英語圏の文化を学ぶことができる施設です。

敷地内には600席のコンサートホールやレストランなどの商業施設を運営しており,英語村パジュキャンプには多くの外国人スタッフが生活しています。

また,実物大の警察署,郵便局,銀行,入国審査場等があり,そこでロールプレーの授業を行うことができます。

こちらは「京畿英語村パジュキャンプ」の街並みです。

英語村

韓国人を対象にしたプログラムは日帰りのOne Day Programと宿泊を伴うCoursesに分かれており,One Day Programは幼児や小学生や家族連れを対象にしており,料理や工作などをしながら楽しく学ぶプログラムが多く提供されています。

Coursesには小学生,中学生,高校生,大学生,一般,および英語教師のためのプログラムが用意されています。

「小中学生コース」では「英語村パジュキャンプ」に到着すると,子どもたちは宿泊棟で荷物を下ろした後,英語村で生活するためのオリエンテーションを行い,英語村では常に所持しなければならないパスポートをもらうことになっています。

レッスン内容としては演劇,クッキング,ダンス,科学,病院などがありました。

こちらはクッキングのレッスンの様子です。

以下はある日のスケジュールである

09:00-12:00          ホームルーム,ドラマ,工作,公共施設体験等

12:00-13:00          昼食

13:00-18:00          ドラマ,各種実験,料理,スポーツ等

18:00-19:00          夕食

19:00-21:00          ダンスパーティ,ボードゲーム,映画鑑賞,ショッピング等

当時の「京畿英語村パジュキャンプ」の国際交流の担当者に「京畿英語村パジュキャンプ」について1時間ほどのインタビューを行いました。

一番印象的だったのは,経済的な利益以上に,アジアの様々な国の学生を「京畿英語村パジュキャンプ」に集め,英語で交流できる施設として発展させていきたいと語っていたことでした。

「京畿英語村パジュキャンプ」を訪問するまでは,日本においては小学生のツアーが主にテレビや雑誌などで取り上げられることが多かったので,「京畿英語村パジュキャンプ」は児童用の施設であろうと思っていましたが,実際に訪問してみるとアジアの大学生を対象にしたプログラムに最も力を入れている印象を受けました。

実際に様々な国の大学生を受け入れており,私が訪問した際にも,タイと韓国の大学生のためのプログラムが行われており,KBSの取材班も来て,その様子をニュースで放映していました。

(以上は「韓国の英語村の観光戦略」大阪観光大学観光学研究所報『観光&ツーリズム』第 18 号の論文から一部抜粋)

英語村自体はとてもいい施設なのですが、維持するが大変ということで韓国のほとんどの英語村が赤字経営で、結局民営化になったそうです。

つまり、英語村は正しくいうと、当初は各自治体がものであるが、今現在はほとんどが民営化されているということです。

こちらの「京畿英語村パジュキャンプ」も結局民営化されました。

日本にも英語村2つ(東京のTokyo Global Gatewayと大阪OSAKA ENGLISH VILLAGE)ができましたが、かなり高額で、誰でも利用できるようなものではなく、韓国の英語村とはかなり異なります。

ただ、韓国の英語村のほとんどが赤字経営である現状を考えると、高額な利用料は仕方がないのかもしれません。

韓国の英語教育② 英語番組専門放送チャンネルEBSe

韓国政府は教育格差を緩和するため,Information and Communication Technology (ICT) ツールを利用してきました。

その中でも,特に韓国政府が最も力を注いで開発してきたのが,2007年4月に開局した英語番組専門放送チャンネルであるEBSeです。

ここでは会員登録をするとかなりの数の過去の番組が無料で視聴できます。

現在,EBSeのホームページには

幼児向けの番組が30以上 (Art Classic Stories, Baby Peekabooなど),

小学生向け番組が70以上(La La La Happy School, I love Readingなど)

中学生向けの番組が60以上( Rainbow English, Enjoy Storiesなど)

高校生向けの番組が10以上(Debate Survival, Korean Cultureなど)

一般および父兄のための番組が40以上(World News Review, English 119など)

教師用の番組が10以上1 (Teachers’ Guide3-Native Teacher, Teachers’ Guide2 – Middle Schoolなど)があります。

テストやゲームなども行うことができ,学校でも自宅でも学習できます。

その中に,School English Level (SEL)と呼ばれる学校の授業で使用することを前提として制作された番組があります。

教員が授業で使用できるように各番組の教材がホームページ上からPDF教材としてダウンロードできるようになっており,また,全番組のスクリプトや音声がダウンロードできるようになっています。

もっと詳しい韓国の英語教育については「韓国の英語における教育格差とEBSe」をご覧ください。

アマゾンで購入できます。紙版は高くなりますので、キンドル版をおすすめします。また、unlimitedの無料体験で無料で読めますので、一読ください。

「韓国の英語における教育格差とEBSe」はこちらから

韓国の英語教育③ 子ども英語図書館

もう一つの対策のとして「子ども英語図書館」があげられます。

そこでは英語の図書を提供するだけでなく,キャンプや英語の講座などの体験活動を無料または廉価で提供しています。

「国家図書館統計システム」上の「公共図書館」のデータベース上において,韓国語で英語と入力し,図書館名に「英語」が含まれている公共図書館を検索した結果,11館が抽出されました。

最初に設立されたのは釜山広域市の2館であり,その後2012年度以降毎年新しく名称に「英語」が含まれる公共図書館が設立されています。

韓国では最も大きい「釜山広域市立中央図書館別館釜山英語図書館」(以降は釜山英語図書館)を訪問して来ましたので、ここでは簡単にご紹介します。

釜山英語図書館は,2009年の7月1日に開館し、2013年5月30日は釜山英語電子図書館を開館しました。

英語村であるBusan Global Villageと同じ敷地内にあります。

英語プログラム

会員登録をすることにより,本を借りたり,プログラムに参加したりすることができます。

なお,会員登録は無料で,すべてのプログラムへの参加も無料です。

ただし,会員になれるのは釜山市に在住の市民のみということです。

以下は開講されているプログラムの一部です。

家族対象(就学前児童・小学1・2年生対象)のプログラム
Read & Create with FamilyⅠ

保護者・児童(6,7才)対象:英語の絵本を読んで創意的創作活動を行う。
Read & Sing with FamilyⅠ

小学3・4年生対象のプログラム
Reading Starter Ⅰ
200L水準の本を読んで自身の考えを発表する。

Media Magic
多様なメディア(映画,アニメーション,ビデオクリップ,音楽など)を活用して英語表現を習い,それに関連した活動を行う。

小学5・6年生対象のプログラム
Step-up Reading Ⅱ(深化)
400L-500L水準の本を一緒に読んで,多様な読書活動を行い,自ら本を読めるようになることを目指すプログラム。

ENIE(週末)
英語母語話者の教師と英字新聞を読んで1:1の個別添削指導を受けて短いエッセイを書くプログラム。

英語読書診断テスト

その他、SRI (Scholastic Reading Inventory)とSRC (Scholastic Reading Counts)による英語読書診断テストを取り入れています。

SRIとはLexileを測定して,その能力に合った図書を推薦するコンピュータプログラムです。

SRCとは本を読んでその本に関する問題を解く事後クイズプログラム(約10問題)で,自身が読んだ本の理解度を知ることができます。

毎日実施しており,試験を受けたい場合は釜山英語図書館のホームページから申請します。

この英語読書診断テストを利用したプログラムにReading Starというのがあります。

SRIを受験し,自身のレベルに合った図書を読んだ後,SRCを受験し自己の読書能力向上度を測り,さらに,読書レポートを英語で書いて英語の母語話者に添削してもらう自己主導型英語読書能力増進プログラムです。

時期:毎年4月から10月まで(7ヶ月間)

参加資格:釜山市内の小・中・高校生120人程度

なお,参加の機会を広げるため昨年度の参加者は申請できないということで、かなり人気のプログラムです。

日本もこういった「子ども英語図書館」が必要だなとつくづく思います。

もっと詳しく「子ども英語図書館」について知りたい方はこちらの動画をご覧ください。

韓国の子ども英語図書館 釜山英語図書館 教育格差 英語教育

おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました